ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

具の汁気でベタッとしない 韓国風豚キムチサンドの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お花見やピクニックなど、お弁当を持って出かける機会が多い春。手軽に食べられるサンドウィッチの弁当を作りたいと思っても、パンが水っぽくなったり、具がはみ出してしまったりなど、なかなかうまくいかないもの。そこで、料理研究家の梶山葉月さんに、サンドウィッチ弁当を上手に作るコツを教えてもらった。

 まず、気になるのが具材の水分。これを吸ってパンがベタッとしてしまうことが多い。

「マヨネーズなどの油分、のりなどの乾燥した食材をパンと具材の間に挟むと、具から出た水分をキャッチしてくれます」(梶山さん、以下「」内同)

 特に野菜からの水分も多いが…。

「きゅうりなどは塩を振り、水気を出すひと手間を。塩は少量にした方が、シャキシャキ感を残せます。葉野菜は洗ったらペーパーでしっかり水分を拭って」

 定番のハムサンドやたまごサンドも美味しいが、炒め物や揚げ物など、ボリューミーな具をはさみたいところだが、どうすればいいのだろうか?

「厚めの食パンに切れ込みを入れて具を詰めると、挟みやすい。トーストするとパンがより破れにくくなります。具を挟んだ後で重しをのせておくと、パンの端が開きにくくなります。端は少なく、中央を多めに盛るのもポイント」

 また、炒め物だとやはり汁気が気になってしまう。

「肉や野菜を炒めると後で水分が出ますが、仕上げに片栗粉を加えると、あんに水分が閉じ込められます」

 ここで、ボリュームもたっぷりな「韓国風豚キムチホットサンド」のレシピを紹介する。

《韓国風豚キムチホットサンド》
■材料
食パン(6枚切り)…4枚、豚小間切れ肉…100g、キムチ…100g、スライスチーズ…2枚、韓国のり…1/2枚、ごま油…小さじ1、しょうゆ…小さじ1、水溶き片栗粉…小さじ1、マヨネーズ…適量

■作り方
【1】食パンをトーストし、冷ましておく。
【2】フライパンにごま油を熱し、豚小間切れ肉、しょうゆ、キムチを入れて炒める。火が通ったら水溶き片栗粉を加えて混ぜ、火を止めてしっかり冷ます。
【3】マヨネーズを【1】の片面に塗る。そのうち2枚には、スライスチーズ、韓国のりの順にのせる。
【4】 【3】のマヨネーズだけ塗ったパンに【2】をのせる。端は低く、中央は高めに盛ると挟んだ時に具が出にくい。
【5】 【4】にマヨネーズだけ塗ったパンを重ねたら、ラップで包む。水を入れたコップなどで重しをして30分ほど置き、半分に切る。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
カレー、プリン、明太子、のりの佃煮…びっくりパンレシピ
超絶マヨラー女 みそ汁、ラーメン、ケーキ、苺にもかける
パラパラ炒飯 作るには卵とご飯を混ぜ油の代わりにマヨ使用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP