ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デビュー30周年の中山美穂 初舞台で見せる名演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年でデビュー30周年を迎えた中山美穂(46才)が主演する舞台『魔術』が3月27日、東京・本多劇場で開幕した。作・演出は劇作家の内藤裕敬氏。萩原聖人(44才)、橋本淳(29才)、勝村政信(52才)の3人が脇を固める。

 深夜の屋台に、どこからともなく3人の男と1人の女が集まってきた。何の変哲もない風景に見えるが、街から人が消えていた。幻想と現実が入り交じる世界のなかで、人間模様が浮き彫りになっていく──。

 そんな『魔術』が中山にとっては初舞台。会見では「本当に緊張しています」と不安な表情を見せていた。一方、内藤は「稽古中にこんなに気付かされることはなかった。ベストメンバーだと確信した」と、4人の出演者をべた褒めだった。

 本多劇場での東京公演後は、愛知、兵庫、愛媛、高知、仙台、札幌の全国7都市での公演も予定されている。

撮影■平野哲郎

【関連記事】
小泉今日子と風間杜夫が倦怠感ある夫婦演じる『家庭内失踪』
志村けん 舞台で「笑いが起こるまでは僕でも不安」と心中告白
世界中を議論に巻き込んだ舞台 志田未来と田中哲司が対峙

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP