体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年オリンピック開催、ブラジル魅力の3大ビーチをご紹介

いよいよ2016年8月に、オリンピックが開催されるブラジルのリオデジャネイロ。国面積がアメリカに次いで5番目の広さ(日本の約23倍)を持つブラジルは、南米大陸のほぼ半分を占めます。「リオのカーニバル」でイメージするように、陽気で気の良い人々が住む国。気候も良ければ、日本人の口に合う食べ物が多いので、訪れた人は皆夢中になります。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

今回は明るい太陽のような国、ブラジルのビーチをご紹介しましょう。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

コパカバーナ・ビーチ(Copacabana)

ブラジルで最も有名なビーチといえば、コパカバーナ・ビーチ。白砂が約3km続く海岸です。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

海岸線沿いにはずらりとホテルが並びます。ブラジルのカウントダウンはここで行われ、約200万人が集まり花火が打ち上げられます。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

サーフィン、ビーチバレー、ビーチサッカーのビーチスポーツを楽しむカリオカ(リオデジャネイロの地元民)。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

デートにも良いようです。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

現在このビーチは大衆化しており、利用しているほとんどがカリオカ。スリが多いという治安で知られるため、旅行客が近づかないこともあります。雨の後は、山からの汚水が混じるため、入らない方が良いようです。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

イパネマ・ビーチ(Ipanema)

コパカバーナを南下すると、イパネマ・ビーチがあります。ボサノバの名曲「イパネマの娘」で知られていますね。ロコ向けのカフェやレストラン、売店で賑わい、ビーチはかなり混雑しています。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

サイドウォークで、椰子の葉を編んだ工芸品を売る若者。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介

陽気なブラジル人は、子どもの頃から鮮やかな色の服が好き。

2016年オリンピック開催ブラジル 魅力の3大ビーチをご紹介
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。