ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AXSEED、子供向けフィルタリング機能を搭載したWEBブラウザアプリ「まもるゾウ+」と連動したブラウザアプリ「まもるゾウ・ブラウザ」を4月下旬にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AXSEED は 4 月 6 日、同社が Android 向けに提供している子供スマートフォン用のフィルタリングアプリ「まもるゾウ +」と連動したブラウザアプリ「まもるゾウ・ブラウザ」を、4 月下旬にリリースすると発表しました。「まもるゾウ +」は、保護者が子供に持たせたスマートフォンにアプリの利用制限をかけたり、GPS でトラッキングすることのできる見守り系アプリです。新たにリリースされる「まもるゾウ・ブラウザ」は有害サイトのフィルタリング機能とペアレンタルコントロール機能を搭載した WEB ブラウザアプリで、「まもるゾウ +」のアプリ利用制限に追加すると、「まもるゾウ・ブラウザ」しか WEB ブラウザとして利用できないようにできます。また、アプリのフィルタリング機能には、小学生、中学生、高校生の 3 段階でフィルタリングレベルを切り替えるだけで、年齢に応じたフィルタリングを実現できるほか、親が特定のサイトを許可設定にするホワイトリスト機能もあります。「まもるゾウ +」、「まもるゾウ・ブラウザ」は無料でインストールできますが、200 円のライセンスを「まもるゾウ +」で購入する必要があります。「まもるゾウ +」(Google Play ストア)Source : AXSEED

■関連記事
トリニティ、NuAns NEOに「V45」のファームウェアアップデートを配信、カメラのオートフォーカスや画質を改善
Qualcommが第5世代移動通信システム(5G)の橋渡しとなるべく「LTE-Advanced Pro」を提案
ソフトバンクの「スマートセキュリティ powered by Trend Micro」がNexus 6Pでも利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP