ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界を揺るがしたFIFA汚職……2002年日韓W杯招致も札束が飛び交っていた!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、サッカーファンをはじめ世界中の人々を驚かせた「2015年FIFA汚職事件」。かねてより、ワールドカップやオリンピックなど大規模なスポーツ大会の招致活動では「札束が飛び交っている」と囁かれていましたが、ついに捜査当局(起訴は米FBI、家宅捜索・逮捕はスイス当局が実施)がFIFA(国際サッカー連盟)という巨大組織に乗り込む事態となりました。

 そして、日本人にとって気がかりなのが、日韓共催となった2002年ワールドカップでも同様の行為があったのではないか、という点。ロナウドやオリバー・カーン、デヴィッド・ベッカムの活躍、そして日本代表チームの躍進など、私たちを楽しませてくれ、そして感動もさせてくれたあの大会の裏に汚職があったとしたら……信じたくない方も多いのではないでしょうか。

 しかし、ノンフィクション作家の田崎健太さんは著書『電通とFIFA』で、スポーツマーケティング企業のISL社(スイス)が、8億円もの資金をFIFA理事へのロビー活動に使っていたと指摘しています。同社は元々、アディダス創業者であるアドルフ・ダスラーの息子であり、その跡を継いだホルスト・ダスラーと電通によって設立された企業。電通は1995年の時点でISLの全株式を売却しましたが、ISL自体はその後も日本のワールドカップ招致活動を手伝っていました。

 同書ではISLのロビー活動について、次のように記されています。

「あるFIFAの理事が日本に来た時、彼は出迎えに来た自動車をいたく気に入った。日本の関係者はその車を贈ることにした。彼の住んでいる場所までは適当な船便がなく、途中から陸送しなければならず、車両価格より運送費の方が高くなってしまったほどだった」(本書より)

 もちろん、日本側がロビー活動をしていれば、招致レースを争っていた韓国も黙っているはずがありません。同書は続けて、韓国側の活動についても説明します。

「海の見える丘にあるレストランに彼(註:日本から車を贈られた理事)から招待された。理事は港に停泊してあったクルーザーを『あれは私のものだ』と指さした。その豪華なクルーザーをよく見ると、船体にはハングル文字が書かれていた。それは韓国の鄭夢準からの贈り物だった」

 電通からISLに渡った8億円について、後々、日本の国税当局から「電通が欧州で資産隠しをしているのではないか」と疑われたそうです。その際、電通の担当役員であった高橋治之氏は「(国税当局に)ロビー活動とは何かという話から説明しなければならなかった」「(FIFA理事に)お金をデリバリーしているかもしれない。しかし、電通側としては一切タッチしていない。ISLに任せている」と調査官に話したことを、田崎さんに証言しています。

 結果、不正蓄財疑惑の追及はなくなりました。また、高橋氏の説明をそのまま受け取れば、ロビー活動費をただちに「賄賂」であるとは言い切れないかもしれません。しかし、残念ながら2002年のワールドカップ招致においてお金のやり取りがあったという事実は、揺るがないようです。

■関連記事
イスラム武装勢力に入隊した日本人が、シリアで見たムスリムの実像とは?
“カルト村”で育った女性が描く知られざる世界とは
あの日から5年 タクシードライバーが遭遇した「震災幽霊」が伝える被災地のリアル

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP