ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、世界最大容量64GBメモリー内蔵のハイビジョンビデオカメラ『HDC-TM350』など2機種発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パナソニックは、世界最大容量の64GBフラッシュメモリー内蔵モデルのハイビジョンビデオカメラ『HDC-TM350』と、フルハイビジョンのビデオカメラで世界最軽量(227g)モデル『HDC-TM30』の2機種を、6月25日より発売する。価格はオープン。

テレビ放送局などで使われているプロ用ビデオカメラと同じ3MOSを採用した、世界最高の総画素数915万画素の高精細映像が撮影できるパナソニックのハイビジョンビデオカメラに、長時間撮影が可能な『HDC-TM350』が登場した。『HDC-TM350』は、ビデオカメラ内蔵としては世界最大容量のフラッシュメモリー64GBを搭載。フルハイビジョンで最大16時間40分の撮影を実現。さらに、別売の32GBのSDカードを使用すれば、パナソニック独自のリレー録画機能により24時間40分(フルハイビジョン)の撮影も可能だ。


ハイビジョンビデオカメラのコンパクト化を求める声に応えて開発された『HDC-TM30』は、女性も手軽に持ち歩ける軽量コンパクトボディで、カラーもプラチナシルバー、クランベリーレッド、オニキスブラックと3色で展開する。『HDC-TM30』は最大8時間の録画が可能なフラッシュメモリー32MBを内蔵し、重さ227gとフルハイビジョンのビデオカメラでは世界最小を実現した(『HDC-TM30』の画像はこちら)。

両モデルともに、歩き撮りやズーム時にもしっかり手ブレを押さえる『新光学式手ブレ補正』、被写体を指定すると、顔や色で追尾してピントと明るさを自動調整する『追っかけフォーカス』など、簡単にキレイな動画を撮影できる機能を充実させている。パナソニックでは、今後も軽量で使いやすいフラッシュメモリー搭載モデルを強化する予定だ(このニュースの元記事はこちら)。
 
『HDC-TM350』主な仕様
総画素数:915万(305万×3)
有効画素数:動画 621万、静止画795万(3:2)、735万(16:9)、696万(4:3)
レンズ:自動絞り12倍電動ズーム F1.8~2.8
フィルター径:43mm
ズーム:光学12倍(デジタル16/30倍、スーパーデジタル120倍)
サイズ:W70×H72×D141mm(バッテリー装着時)
重さ:290g(450g、バッテリー含む)

『HDC-TM30』主な仕様
総画素数:147万
有効画素:動画・静止画 117万
レンズ:自動絞り16倍電動ズーム F1.8~3.3
フィルター径:30.5mm
ズーム:光学16倍(デジタル40倍、スーパーデジタル160倍)
サイズ:W47.5×H63×D114.5mm
重さ:227g(278g、バッテリー含む)
 
 

■こんなIT・デジモノのニュースもあります
日本エイサー、手帳のように使いたい11.6インチのネットブック『LT3000』を発売
ケータイメールが読める腕時計『アイバートM』、シチズン時計から2モデル発売
世界最小!”ポケットに入るプロジェクター” Optoma『PK102』新発売
初心者でもわかりやすい! ソニーの一眼レフデジカメ『α』3機種発売
デジタル家電の“デフレ化”、春の大型連休で明らかに BCNランキング

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。