ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【京都のタイ料理屋】 今出川通烏丸西入ル「芙蓉園」で食べた『鶏のバジル炒めかけご飯』

  • ガジェット通信を≫



鶏のバジル炒めかけご飯

ちょっと変わった食事処があると聞いて、行ってみた。
お店の名前は「芙蓉園」。
どうみても中華料理屋のたたずまいなんだけど、なぜかタイ料理もあるという。
行ってみたらオドロキ。以前紹介した「イーサン」のほぼ向かいに位置するお店だった。


メニューを見てみると…たしかにタイ料理らしき名前があるね!
「タイ風エビチャーハン」とか、「豚のレッドカレーレッドカレー炒めかけごはん」とか、ぜんぶわかりやすい日本語名になっている。


中に入ってみると、やっぱり内装は中華料理屋…。
なんだけど、よーくみたらさりげなくタイの飾り物が!
プミポン国王の写真や、仏像の写真なんかも飾ってあったけど、結構大きめの写真もなぜか全然目立ってない。。。不思議だ。(^^;


どーんと登場!頼んだのは昼のメニューの「鶏のバジル炒めかけご飯」というやつ。
パッガパオガイラートカーウ(ผัดกะเพราไก่ราดข้าว)やね。目玉焼きも乗っているのがいいね。
この日は無性にガパオ炒めが食べたかったので頼んでみたのだ。

で、パクっと食べてみて…。あれ?バジルの味がぜんぜんしない? 
どうやらバジルは入ってるんだけど、一人前に葉っぱ一切れかふた切れぐらいに抑えられている様子。
そして日本のガパオ飯に多い、オイスターソース主体の味付け。あと、ご飯も日本米だった。
辛味もほとんどないので、むしろ「鷄そぼろのオイスターソース炒め」と言える味わいだった。(^^;

でもまあ、味が本格的じゃないからダメなのかというと、そんなことは全然なくて、味付けのバランス自体はいいし、それなりに美味しい。だいたい半分は中華料理屋さんだしね。
その証拠に隣のおばちゃん集団はうまいうまいと嬌声を上げながらモリモリ食べていたよ。


卵焼きの黄身を割って、お肉にかけて食べると美味い!
ちなみにご飯はタイ米じゃなく日本米だった。日本米ってタイ米より腹持ちするんだよね。
(水分が多いので。)
一皿のボリュームは結構あるように感じた。


思うにこのお店、タイ料理は食べてみたいけど辛いのは苦手とか、タイ料理は食べてみたいけど香辛料のキツイのは無理とか、そういう人にぴったりなんじゃないだろうか。もっと本格的なものを堪能したかったら、向かいのイーサンに行けばいいんだしね。タイ料理食べたいけどが辛いの無理な友人がいるとか、そんな場面でも使えそう。

ここでタイ料理の窓口を開いていただいて、タイ料理ファンが増えていけば
日本でタイ料理がもっとメジャーになるかもしれないね!(^o^)

芙蓉園

関連ランキング:中華料理 | 今出川駅鞍馬口駅

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。