ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

九段下駅でベビーカー挟まれる。ベビーカーに対する世の中の反応に、2児の母が考えた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月4日午後3時、東京メトロ半蔵門線九段下駅で、ベビーカーをドアに挟んだまま発車させるというトラブルがあった。ベビーカーには子供が乗っていなかったのが、不幸中の幸いだった。

テレビや新聞では、主に東京メトロの落ち度(特に、経験の浅い女性の車掌であることを強調されつつ)についてのみ、言及していた。

しかし、それで終わっているかなと、ネットでのコメント欄を読んでいると、案の定、

「駆け込み乗車でしょ」「子どもが載っていないなら、畳めよ」的な、乗客に落ち度があるような文章があった(もちろん、擁護するコメントもあったけれど)。

「電車」と「ベビーカー」。その組み合わせが悪いのか、一定数以上の人々の神経を逆撫でしてしまう。

ちなみに、押上行きの6車両目という情報から東京メトロの駅構内図で確認すると、特にエレベーターも階段ないようなので、エレベーター降りてすぐ駆け込み乗車とは考えにくい。それに、もしそうなら、東京メトロ側が「駆け込み乗車だったため」と言いそうだ。

それなのに・・・・責められる。

確かに、混んだ電車内でベビーカーは邪魔だ。

上の子が使っていた時と比べても、ベビーカーは大型化している。のみならず、後ろ側が、ほぼ荷物置き場となっている場合や、もう歩ける子どもが乗っている場合も少なくない。

若い人はもちろん、男性も、案外「私たちの時代にはずっとおんぶだった」という子育て経験者の年配の女性の声も、厳しい。

でも、混んでいる時はなるべく抱っこ紐で乗っているママたちのほうが多いだろうし、歩ける子どもだって、出先で寝られてしまった場合、歩けるほどの年齢の子どもだからこそ、抱っこし続けることのなるとツライものがある。

よく「わが物顔で乗られるとちょっと・・・」という声もあるが、どんな顔していると、わが物顔なんだろう。

携帯をみていたら? もしかしたら、出るのが遅くなって遅れる旨をメールしているのかもしれない。

ゲームはNG?画面までチェックされるということだろうか。

「すみません」っていう顔をしたらOK?でも乗客は入れ代わり立ち代わり乗ってくる。その間、ずっとママは「すみません」という顔をし続け、謝り続けなければいけないのだろうか・・・。

そりゃ、疲れたまります!

私の子どもはもうベビーカーを卒業したけれど、ベビーカーで電車が乗れなければ、どこにも外出できず、かなりストレスがたまっていたと思う。もちろんベビーカーの外出では、朝の混雑時は避けていたが、帰りには、ちょっとした遅延で混んでしまうこともある。

実際に体験してほしい。子どもを抱っこし、オムツやら着替えの詰まった重いバッグを持って、たたんだベビーカーを持って、揺れる電車の中に立ち続ける大変さを。

この大変さ、子どもを産むまで分からなかった。

だから、周囲の人の冷たい視線も、致し方ないと思うこともある。だって分からなかったから。

ちょっとだけ、想像してみる。子どものいる人もいない人も。

著者:ゆきもも

年齢:40歳

子どもの年齢:3歳と0歳

37歳にして第1子になる長男、40歳にして第2子になる長女を出産。3歳下の夫は大学時代の後輩にあたるため、拒否権はなし。保育園では年下のママたちに囲まれ、頑張って若いつもりでいても、「平成のとき、大学生だったな」、「セーラームーンのときはもう大人だった」と昔話でバレることしばしば。シーズンごとの大量洋服購入で、何のために働いているのかわからなくなること多し。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

児童館以外にもこんなお出かけスポットが!赤ちゃんと行くなら近さ重視が◎
主人の実家に初めての子連れ帰省。大泣き&感染症の不安で散々な目に
「もう少しスルースキルを身につけてっ!」双子連れでのショッピング、思わぬ障害とは? by ぐっちぃ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP