ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肩凝り、抜け毛、肌トラブル…etc. 深刻ではないけれどトホホな産後のプチ不調

DATE:
  • ガジェット通信を≫

産後半年ほど経った頃の私は、なんとなく冴えない気分で毎日を過ごしていました。

当時は、少しずつ育児に慣れてきて、無理のない範囲で仕事も再開した時期。

もちろん息子は可愛いし、体調も落ち着いているし、1日1日は充実しているのですが、どういうわけか心も体もスッキリしないのです。

自分なりに考えてみたところ、その原因の1つは、慢性化してしまった肩こり、腰痛、頭痛にあるのでは、という結論に。

もともと私はひどい肩こりだったのですが、出産してからは、右手が使えるように左腕で息子を抱っこしたり、ショルダーバッグの出番が多くなって左肩に荷物をかけたり。

特に体の左側に負担をかけてしまっていたようで、左肩が凝り固まってしまったのです。

さらに、そのせいか左側の腰や頭にも痛みが出てきてしまっていました。

出産前は、肩こりで辛くなったらマッサージに駆け込んでいたのですが、子どもがいるとそうもいきません。

楽しみに通っていた癒し系サロンとはすっかりご無沙汰に……。

この頃の私は、産後多くの人が経験するであろう、疲れのスパイラルにハマり始めていたのだと思います。

そんな中、続いて残念な症状が。

ある日、いつものように髪をまとめようとしていると、なんだか前髪が変なのです。

サイドに流している前髪の根元の部分から、短い毛が飛び出していて、スタイリング剤をつけてもアイロンで伸ばしてもおさまりません。

「今日はうまくいかないなぁ」

とあきらめたのですが、翌日も、その翌日も、やっぱり変。

これはもしかして……抜け毛のしわざ!?

やっと行けた美容院で美容師さんに相談したところ、その予想は大当たり。

私の場合、抜ける量は多くなかったのか自分では気づかなかったのですが、やはり額の生え際で毛の交代劇が展開されていた模様。

新しい前髪が伸びてなじむまで、半年ほどかかりました。

もう1つ、目立った変化は、肌トラブル。

特に、顔のシミと手の乾燥が悲しかったです……。

妊娠と出産でホルモンバランスが崩れたせいなのか、バタバタしていてスキンケアが手抜きになっていたせいなのか、頬の高い位置に今までなかったブツブツが出現。

また、水に触れたり手を洗ったりする頻度が増えたからか、手は自分史上最もガサガサに。

慌てて、しばらくパスしていた美白美容液とハンドクリームを使い始めました。

産後は、ケアをしたり鏡を見たりする時間が激減するため、ハッと気づいた時にはすでに不調が定着してしまっていることがほとんどでした。

毎朝の準備は、すぐに&ラクにできることが大前提、着飾って出かけるような予定もほとんどなかったため、ファッションはゆったりカジュアル系の一辺倒。

メイクやヘアスタイルもお決まりの最速仕上げ。

そんなこんなでイケてない自分にどっぷりだった産後1年。

……深刻な悩みではないけれど、やっぱりテンションは下がります。

と同時に、こんなに余波が及ぶとは、やはり妊娠、出産は女性にとって一大事なんだと実感したのでした。

産後1年が経った今は、ようやくいろいろな面が安定してきたような気がします。

ちょうど、街には春物が並び始める季節。

久しぶりにおしゃれも楽しめたらと思っている、今日この頃です。

著者:cosmic

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳0ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

なぜか増え続ける体重。体調の変化も「産後だから」と思っていたら、思わぬ病気が!
産前産後の腰痛。自分の生活習慣を見直すきっかけに。
尿意を感じない!自力で排尿できない!22時間がかりの難産よりも大変だった産後の排尿障害

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP