ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える 確実に彼女が引いてしまう男のNG言動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

行きつけのBARができたら、是非とも恋人を連れていきたいところ。

しかし、ふたりで行くという慣れない状況に失態を演じてしまい、彼女の機嫌を損ねてしまうなんて危険も… 。

そこで、都内のBARに勤務する現役バーテンダー・Kさんに彼女を連れて行ったときにやりがちなミスを教えてもらった。

常連同士で盛り上がってしまう

行きつけのBARに連れて行くのだから、お世話になっているバーテンダーや常連さんたちを彼女に紹介したいところ。

美味しいお酒と楽しい会話を彼女を交えて気の合う仲間たちと楽しみたい。

しかし、ここで注意して欲しいのが常連さんたちと話し過ぎて『彼女をひとりぼっちにしない』ということ。

ついつい内輪のノリになってしまい、彼女を置いてけぼりにしがち。

そんなことにならないよう、彼女が退屈していないか常に気にしておきたい。

酔った客に絡まれる

BARのカウンターは隣の席との距離が近く、居酒屋などよりも泥酔した客に絡まれやすい。

しかも、その絡んできた相手が顔見知りの常連さんだった場合、ぞんざいに扱うこともできない。

面倒くさい客につかまってしまったら、「こんなBARに通ってるの? 」とあなたのイメージもダウンしてしまう。

そんな危機を回避するには事前のリサーチが重要。バーテンダーに要注意人物が来ない曜日、時間帯を教えてもらい、そこだけは避けるようにしよう。

彼女が高いお酒をガブ飲み

自分が連れて行ったのだから、もちろんご馳走する。男なら誰しもそう思っているだろう。

だからこそ気をつけたいのが彼女が飲むお酒。カクテルやワインをぐびぐび、ぐびぐびいかれてしまったら、普段払わないような金額になってしまうだろう。

そのピンチを防ぐには“リーズナブルなワインをボトルで入れる”、“お薦めのお酒を選んであげて高い酒を回避する”など、お酒を選ぶ主導権を握っておこう。

彼女より先に自分が酔い潰れる

二軒目、三軒目として利用した場合。すでにお酒が入っている状態で来店し、いつもの場所に帰ってきた安心感でついつい飲んでしまいがち。

そして、彼女がいるのに酔い潰れてしまう… そんな恥ずかしい姿を見せないためにも、酔った勢いで連れて行くのはやめておこう。

行きつけのBARに行くのなら一軒目からスマートに。これを心に刻むべし。

関連記事リンク(外部サイト)

超人気恋愛コーチが教える デートをキャンセルされた時の神対応
恋愛の達人・中谷彰宏が教える 色っぽい女になる方法
超人気恋愛コーチが教える 『イルカくん』との付き合い方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP