ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つわりの症状が実母そっくり!マスカットならOKなんて、早く聞けばよかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠3ヶ月の終わり頃から、寝ても覚めても気分が悪く、常に吐き気と戦う日々でした。

食べられたものは2つだけ、『マスカット』と『ヨーグルト』。

とにかくお米の炊ける臭いや、妊娠前大好きだった濃い味の料理、特にニンニクを炒める臭いがダメになり、ベッドルームに引きこもって横になっている毎日でした。

主治医の先生からは、

「無理して食べなくても、赤ちゃんは育つから大丈夫!」

と言われてお腹の赤ちゃんに対する不安感はなかったので、早めに相談して良かったと思います。

ネットで調べるよりも、やはりちゃんと先生に相談するのがオススメです。

主治医も助産師さんも、

「ネットの情報は適当すぎて怖い!」

って言ってました…。

その後、5ヶ月目が終わる頃までつわりが続き、体重が4キロ以上減ったので、食べられそうなものをリクエストして主人に色々買ってきてもらいました。

最終的に一番私が食べられたのが『マスカット』と『ヨーグルト』でした。

実家の母に、

「つわりが酷くて何も食べられない」

と相談したところ、送ってきてくれたのがマスカット。

何故かすんなり体が受け入れてくれました。

後で母に、

「どうしてマスカットなの?」

と尋ねたところ、

「母さんも、妊娠した時に食べられたのがマスカットだからね!きっと、あんたも同じだと思ったのよ!」

と言われました。笑

つわりが落ち着いた後、母に妊娠中の話を聞いたところ、私と本当に症状がそっくりで、びっくりしました。

早く聞いておけば、もうちょっと楽だったかも…。

これから、という方は、母親の妊娠体験記を聞いておくと役立つかもしれませんよ!

著者:マサミ

4月に出産予定の妊婦です。

もう臨月で、いつこの子に会えるかドキドキしている毎日です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まるでホラー映画の一コマ…つわり中の“ピンポイント食欲”に夫もビックリ
水分はノンアルコールビール限定だったことも…。3人産んで3回ともつわりが違う!
フライドポテトは自分でも揚げる!ややこしい食べづわり、夫の協力で乗り切った

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP