体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホマレ姉さんが動画でわかりやすく解説! みんなで楽しむ手打ちパスタのすゝめ

f:id:homare-temujin:20160324202541j:plain

こんにちは、メシ通レポーターのホマレ姉さんです。

突然ですが、皆さんはパスタ料理が好きですか……? たぶん好きですよね。もちろん姉さんも大好きです! 食べるのも……作るのも……。

シンプルなペペロンチーノからカルボナーラ、アラビアータ……ジェノベーゼに至っては畑で収穫したスイートバジルをタップリ使ったソースから作ります。

そして最近、特にハマっているのが麺から作る手打ちパスタ……。ショートパスタなんですけどね、思ったよりも簡単に作れて、そして何といっても楽しいの。

楽しさの感覚は、子供の頃に工作で作った粘土細工ってところかな? 作ってる間は無我夢中になるので、ストレス発散にもってこい!

おまけにそれが食べられるってんだから一石二鳥で言うことなし! どうです? パスタ作りを趣味にしちゃったら最高だと思いませんか?

慣れるまではチョッと手間取るかもしれないけれど、すぐに自然と手が動くようになり、けっこう素早く作れるようになります。

今回は、手の動きが分かりやすいように、な、なんとホマレ姉さんが動画初挑戦してますので、是非見てくださいね。

それでは、まずは必要な道具と材料の説明から

必要な材料と調理道具

粉さえあればあとはどうにかなるものばかりです。最初は家にあるものを使ったり、無ければ100円均一で買ったりしてみてください。

f:id:homare-temujin:20160310094917j:plain セモリナ粉……デュラム小麦を粗挽きしたもの。 強力粉……硬質小麦を原料としたグルテン含有量の多い小麦。 オリーブオイル……ピュアで十分。 塩……生地に残ることがあるので、あまり粗いのは避けた方がよい。 製麺台……45〜60cm四方くらいが使いやすい。材質は白木や合板、大理石など好みと予算に合わせて選べばよい。大き目のまな板でもどうにかなる。 ボウル……中で粉を捏ねることができる、直径23cmくらいの大きさのもの。 スケッパー……生地を切ったり、粉を寄せたりするときにあると便利。生地を切るのはナイフでも良い。プラスチックやステンレスなどがある。 大きなバット……できたパスタを置くのに使う。無ければまな板などでもよい。 ナイフ……パスタを成形するのに使う。実際にやってみて、自分がやりやすいものを選んで使えばよい。

どうですか? そんなに大そうなものは無いでしょ? では、次に生地の作り方です。

手打ちショートパスタ生地の作り方

ホマレ姉さんがよく作るショートパスタ生地は、セモリナ粉と強力粉で作り、卵などは入れません。

セモリナ粉100%だと捏ねるのがチョッと大変なのと、成形しにくいタイプのパスタがあるので、強力粉を半分混ぜています。

この生地一つあれば、その日の気分によって食べたいパスタが作れるのでとても便利な生地なんです。

材料 セモリナ粉
125g 強力粉
125g 塩
ひとつまみ オリーブオイル
大さじ1/2 ぬるま湯
120ml
打ち粉(セモリナ粉)
適量

作り方 ボウルにセモリナ粉、強力粉、塩を入れ、指先やフォーク、箸などで混ぜる。

f:id:homare-temujin:20160310100052j:plain 中央に凹みを作り、ぬるま湯とオリーブオイルを3〜4回くらいに分けて入れ、その都度粉を崩して混ぜ合わせる。(ぬるま湯は100ml辺りから様子を見ながら加えるとよい)
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。