ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iOS端末のストレージを無制限に拡張!マイクロSDカードを使えるようにするリーダー「Dash-i」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジカメやモバイルストレージに活用されているマイクロSDカード。このカードをiPhoneでも使えれば、と思ったことはないだろうか。

このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Dash-i」は、それを実現できるガジェット。ライトニングポートに差し込めるマイクロSDカードリーダーだ。

・ストレージを無制限に拡張

Dash-iを使うことで、デジカメで撮った写真をiPhoneでチェックしたり、大容量の映画をPCからマイクロSDカードに移して移動中にiPadで観たりといったことが可能になる。

写真や動画をたくさん撮影する人、あるいはアプリを多くダウンロードしている人はiPhoneの容量不足に陥りがちだが、このリーダーで簡単に容量を“拡張”できる。

・マイクロUSBポート付きタイプも

また、Dash-iは硬貨ほどとコンパクトサイズなのも売り。旅先などにも気軽に携帯できる。

Dash-iには、通常のタイプと、マイクロUSBポートが付いているタイプの2種類がある。マイクロUSBポート付きだと、Dash-iを使いながら充電が可能となっている。

ちなみに、Dash-iはライトニングポートを備えたiPhone・iPad・iPod touchで使えるが、iPod nanoでは使用不可。

・資金調達成功、発送は6月から

今まで存在しなかったのが不思議なDash-iだが、低価格なのも魅力。Kickstarterでは通常タイプが25ドル(約2800円)、マイクロUSBポートが付いているDash-iプラスが30ドル(約3300円)〜となっている。

資金調達はすでに目標額を確保し、商品化はほぼ確実。発送は6月にも始まる見込みで、夏の旅行の写真・動画保存ツールとして活躍するかも。出資期限は5月4日となっている。

Dash-i/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。