体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実は買い物天国ドバイ!庶民でも買えるオススメお土産7選

中東の香港と言われるドバイ。

ドバイは一般的に「お金持ち」「セレブ」といったイメージが強くあるように思います。しかし実は消費税のない買い物天国なんです。

そんなドバイで筆者が買ってきた有名なおみやげを7つご紹介します。

 

ゴールド製品

src_42644196

photo by 073_clocki

一般的なイメージとしてはセレブたちが買っていくと思われがちなゴールド。

しかしドバイではゴールドというものは必ずしもお金持ちのためだけのものではありません。

実はドバイのゴールドスークは、世界で一番金が安く手に入る市場とも言われており、その品質はアラブ首長国連邦の政府により保証されています。

IMG_1033

photo by 073_clocki

イスラム教徒の女性は宗教上肌を露出する習慣がないので、人の目につくところは綺麗に着飾る人が多いです。

ですから、手をちょっと見せた時には手にたくさんのゴールドの指輪やブレスレッドをつけてる方が非常に多いのです。

ここでは金に値段があってないようなものです。価格交渉にぜひ挑戦してみてください。半額近くで手に入ることもありますよ!

 

 サンドボトル

src_42644210

photo by 073_clocki

砂漠のある国ならではのサンドボトル。

色がついた砂を混ぜつつ、ボトルの中に入れていくとこのような絵柄や模様ができあがります。

それを作るのはとても難しいそうで、もはや芸術といえるものです。

希望すれば名前や日付を入れて作ってくれます。思い出だけでなく部屋のインテリアにもよいかもしれません。

 

 シーシャ

shisha-625617_960_720

photo by pixabay

中東ではよく吸われているシーシャ。

シーシャとはフレーバーがついた煙草の葉を炭で熱し、出た煙を水を通して吸うものです。

水を通して吸うことで煙の温度が下がるため、主に中東やインドなど昼間の温度が高い地域で吸われています。

ちなみにフレーバーはコーヒーやフルーツなど様々なものがあります。

narghileh-1237517_960_720

photo by pixabay

そんなシーシャをドバイでは買うことができます。

もちろん吸わなくてもインテリアとして飾ってもおしゃれです。

ちなみにシーシャの煙が火災報知機に反応してしまったという話も結構聞きます。なので自分の家ではあまり吸わないほうがよいでしょう…

 

香水

fragonard-1007437_960_720

photo by pixabay

ドバイといえばやっぱり香水。

中東はとても暑いので、体臭には人一倍気を使うのです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。