ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年4月)、Marshmallowが前回から2倍の伸びで成長を続ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 4 月 5 日(現地時間)、2016 年 4 月の Android バージョン別シェアの統計データを公開しました。4 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が Lillipop 35.8%(↓ 36.1%)、2 位が KitKat 33.4%(↓ 34.3%)、3 位が Jelly Bean 21.3%(↓ 22.3%)、4 位が Marshmallow 4.6%(↑ 2.3%)、5 位が Gingerbread 2.6%(↓ 2.3%)、6 位が ICS 2.2%(↓ 2.3%)、7 位が Froyo 0.1%(→ 0.1%)という結果になりました。前回でようやくトップに立った Lollipop ですが、これまで続いていたプラスの成長が今回でマイナスに転じました。一方、最新の Marshmallow は、シェア自体はまだ低いものの、前回から 2 倍の伸びとなり、ついに Gingerbread を抜きました。今の時期に発売される各社のハイエンドモデルはほとんどが Marshmallow を採用しているので、しばらく、Marshmallow はこのペースを維持して成長を続けていくと見られますが、OS のバージョンアップが KitKat または Lollipop で終わりの機種も増えているので、シェア全体の急激な変化な見込まれません。Source : Android Developers

■関連記事
「AWA Music」のAndroid版がv1.2.27にアップデート、UIが一部変更され、ソートやフィルタ機能が追加
Android Nに搭載されたリサイズ可能なマルチウィンドウ機能の有無はOEMの判断による
IKEA、HTC Viveを利用したキッチンのバーチャル体験サービスのパイロットテストを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP