ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外の旅先で出会った人と仲良くなれる自己表現法7つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行に出かけても、「観光だけで終わってしまって物足りない」と感じていませんか? そんなあなたに、旅先で出会った人と仲良くなれる自己表現法7つをお伝えします。

1.絵

絵が得意な人、好きな人は、旅先で出会った人に自分が描いた絵を見せたり、似顔絵を描いてあげたりすると喜ばれます。

カラフルなペン数本とスケッチブックを用意しておくとどこでも即興で絵が描けますし、出会った人も喜んで何か描いてくれることもあります。

2.写真

写真好きな人は、出会った人の写真を撮らせてもらったり、一緒に写真を撮ったりするのがおすすめです。「写真を撮らせてもらってもいい?」「あなたと一緒に写真を撮りたい」と言えば喜んでオッケーしてくれる人が多いものです。「撮られたがり」な人が多い国では、次々に「私の写真を撮って」という人が現れてびっくりするかもしれません。

日本に興味を持ってくれる人も少なくないので、日本の写真も用意しておくと会話のきっかけになります。京都など典型的な「和」を感じさせるものと、渋谷のスクランブル交差点や新宿の高層ビル群など、「大都会」や「近未来」を感じさせるもの、両方があるといいですよ。

3.ファッション

忍者服で世界を旅している人もいますが、そうそう真似できるものではありません。奇抜な服装はちょっと・・・という方には現地のファッションを取り入れてみるのはいかがでしょう。

ストールやアクセサリー、あるいはブラウスといった一部を取り入れるだけでも、「それかわいいね」と現地の人に声をかけられることがあります。どこの国でも女性はやはり人のファッションに目がいくもので、特に女同士仲良くなりたいという方におすすめです。

4.マスコット


(C) もろたび。

以前ホワイトタイガーのマスコットと一緒に旅をしている日本人男性に出会ったことがあります。マスコットがあると、人から声をかけられる機会が格段に増えます。子どもたちの人気者になれるので、特に子どもと仲良くなりたい人におすすめの方法です。


(C) もろたび。

5.折り紙

折り方を教えてあげたり、感謝のしるしに渡したりと色々な場面で使えます。完成した作品と、新しい紙の両方を持っておくといいですね。紙は単色のものよりも、柄の入った千代紙のほうがより日本らしさが出て人気です。定番の鶴はもちろんですが、かわいらしい箱なども喜ばれます。

6.漢字

特に得意なことがない、目立つことをするのは恥ずかしいという人も大丈夫! 日本人というだけでできることがあります。

その人の好きな言葉や名前を漢字で書いてあげると、思った以上に喜ばれることがあります。画数の少ない単純な漢字よりも、画数の多い複雑な漢字のほうがカッコよく見えることが多いようで、「愛」や「龍」などは、見た目と意味、両面から人気があります。

7.インタビュー

旅先で出会った人に「あなたの夢は?」「あなたの好きな言葉は?」などとインタビューをして、何か書いてもらったり、写真やビデオに撮らせてもらうのも一つの方法。「出会った人にインタビューしています」などと前置きすれば、唐突な質問にも案外すんなりと答えてもらえるものです。旅先で出会った人からもらった言葉はあなただけの宝物になるはずです。

素敵な出会いがあった旅の記憶はいつまでも残るもの。あなたも忘れられない旅の思い出を作ってくださいね。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP