ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポスト・カトパン? 来春フジ入社の久慈暁子は日テレ袖に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月末でフジテレビを退社する“女王”加藤綾子アナ(30)の有力な後継者候補が現われた。フジテレビ社員がいう。

「入社は来年の春だというなのに、“ポスト・カトパン”になれるんじゃないかと話題になっている。現役モデルだし、研修時代からバンバン画面に出していくかも」

 フジの救世主と期待されているのが、女性ファッション誌『non-no』(集英社)で専属モデルを務める久慈暁子(21)。フジの2017年卒のアナウンサー採用試験に内々定し、来年4月に入社予定だという。

「身長166センチのスレンダー美女で、青山学院大学経済学部に在学中。大学進学のために上京してきた際にスカウトされ、モデルデビューを果たしました。岩手県奥州市出身で日本ハムの大谷翔平(21)と同郷。昨年に同級生として同市の広報誌で対談し、小沢昌記市長から交際を勧められる一幕もありました」(スポーツ紙芸能記者)
 
 フジの女子アナといえば、今春入社の堤礼実(22)も『non-no』のモデルを務めたが、堤は「読者モデル」の出身だ。ファッション誌の編集者が説明する。
 
「『読者モデル』とは、雑誌の愛読者として誌面に登場する素人モデル。久慈さんはプロのモデルですから、さらに注目される存在です」

 まさに「金の卵」。そんな彼女を狙っていたのはフジだけではなかったようだ。

「実は久慈さんは先に日テレの内定をもらっていながら、フジの最終試験を受けて内定を“獲り”にいったそうです。アナウンサーを目指す仲間には、『私はアイドル路線でいきたいから、フジにする』と話していたそう。絶好調の“王者”日テレを袖にして、凋落著しいフジを選ぶなんて、『たいしたタマだ』と囁かれています」(前出・芸能記者)

 両局および久慈の所属事務所にフジテレビ入社について聞くも、一様に「何もお答えできません」というのみだった。

 もっとも、彼女をアナウンサーとして見られるのは1年以上先の話。それでも“スーパールーキー”の評判が先走りするのは、フジの現状の厳しさゆえか。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
女子アナ採用激減中 狭き門突破した新人アナはセミプロ揃い
フジ若手アナ 寿退社の本田朋子を慕うも平井理央の話は出ず
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP