ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で血液検査して、スマホでデータ管理できるデバイス「Cor」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以下、使い方が動画で見れます。その手軽さは驚き。

グッと肌に押しつけて
デバイスに設置するだけ

針がとても小さいため、痛みをほとんど感じないそう。カートリッジは一つで3カ月ほど使用できるようです。

肝心な分析結果は、5分以内にクラウドにアップロードされ、スマホアプリでチェック可能。

各数値の推移をチェック

コレステロール値(善玉・悪玉)や中性脂肪、空腹時血糖値、炎症が確認でき、その動きを計算しながらアドバイスを行なってくれます。

運動や食事を提案!

健康管理するには持ってこいかも?

Crowdfund Insider」によれば、「Cor」を開発したのは「Apple WATCH」の開発者だったBob Messerschmidt氏。その際は、心拍数の設計を行なっていたようです。

彼によれば、ここで採用されているアルゴリズムは、一般的に利用されている血液検査ととても良く似たもの。分析結果からアクション・プランを導き出し、その進捗をデータで確認できるところが魅力です。

パートナーには、スタンフォード大学(UCSF)をはじめ、多くの研究施設や病院の名前が並んでいます。「INDIEGOGO」で資金を募っており、すでに目標金額は達成済み。米国のみ配達を予定しており、199ドル(約22,000円)で予約できます。2017年初旬に配送開始を予定。

医療機器というよりは、健康な生活をサポートするために役立つデバイスとして開発が進められているため、病院の診断に代わるようなシロモノではありません。が、ウェアラブルデバイスと連携したりして、より細かなことが算出できるようになるかもしれませんね。そう考えるとワクワク。より詳しい情報はコチラから確認できます。

Licensed material used with permission by Cor

関連記事リンク(外部サイト)

マグネットでかんたん接続&取り外し ストレスフリーな充電ケーブルが誕生!
名刺サイズのスマホ「O phone」が気になる!
超コンパクト!財布にも入る「折りたたみ式スマホ充電ケーブル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP