ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾が中国の侵略に対抗して掘った「翟山坑道」がスゴイ / 船も隠せる海の洞窟! 金門島

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて中国と台湾は激しい戦いを繰り広げてきました。1958年から中国は特に激しい侵攻を始め、台湾領の金門島に砲弾を47万発も撃つなど、徹底した侵略行為を繰り返してきました。そんな金門島には、台湾軍(中華民国軍)が掘った、とてつもなく巨大な地下洞窟が存在します。

・中国軍の砲撃にも耐えられる
その地下洞窟は「翟山坑道」といい、台湾軍が人工的に掘った洞窟。単なる洞窟ではありませんよ。なんと、海に直結して作られた洞窟なので、海から船で出入りできる洞窟なのです。そもそも、この洞窟は中国軍から目視で確認できない場所に作られたもの。ときおり岩盤が崩落することもありますが、基本的に頑丈で、中国軍の砲撃にも耐えられます。

・人工洞窟ながらとても神秘的
現在、この翟山坑道は観光客に開放されており、誰でも無料で中に入って見学することができます。地上から入ると、大きく長い岩肌が露出した洞窟を進むことになります。そして階段を折れていくと、そこには海と直結した地底湖が。とても美しいブルー基調の洞窟で、人工洞窟ながらとても神秘的ですよ。

・特に戦車が人気
翟山坑道の周囲には、かつて台湾軍が使用した兵器が設置されています。自由に触れたり乗ったりすることができますよ。子どもたちには、特に戦車が人気のようです。中国人の観光客もたくさんいましたが、かつて中国人を狙っていた兵器と記念撮影していました。まさかこんな平和な状況が訪れるとは、かつての人々は思わなかったでしょう。

・金城地区から歩くのもアリ?
翟山坑道は、金門島のメインシティともいえる金城地区に近くはありますが、徒歩で30分以上歩く必要があります。バスもありますが本数が限りなく少ないので、金城地区で自転車を借りていくか、タクシーで送り迎えをしてもらうのがベストでしょう。

金門島はとてものどかな場所なので、体力と時間に余裕がある人は、金城地区から歩くのもアリかもしれませんね。

https://youtu.be/gM97OQHVOMw

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2016/04/06/kinmen-tunnel/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP