ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シシド・カフカ、“禁断の女の園”がテーマの「朝までsugar me」MV解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シシド・カフカが、ニューアルバム『トリドリ』に収録される新曲「朝までsugar me」のMVを公開した。

楽曲提供とプロデュースに奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、作詞とコーラスに大森靖子と豪華布陣で臨んだこの楽曲。どこか艶かしいコーラスワークとポップなメロディラインが印象的な1曲だが、MVは作詞の世界観でもある、どこか女性同士の恋愛を思わせる内容となっている。色とりどりなポップなセットを背景に、セクシィに妖しく絡み合う女性達と、まるでその女性達を取り仕切る女主人のようなシシド・カフカの演技に釘付けになることは間違いない。

斉藤和義や甲本ヒロトら豪華ミュージシャンとセッションした前作『K5(Kの累乗)』に続き、今作はプロデューサー陣とのセッションアルバムに挑戦。大島賢治、大西省吾、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、織田哲郎、亀田誠治、蔦谷好位置、平出悟、K.MASAKI(moumoon)、松本晃彦ら今の音楽業界を彩る豪華プロデューサー陣を迎え、ドラムボーカルを軸とし、ライヴを意識したカフカ流ロックチューン全快のアルバムに仕上がっている。

CDには前作『K5(Kの累乗)』にも収録されたヒット曲「Don’t be love feat.斉藤和義」と「バネのうた- feat.甲本ヒロト」を含む全13曲を収録。また初回限定生産となるBlu-ray商品には、新曲2曲のMVと去年9月にZepp Tokyoで行われたワンマンライヴ「ミディアム・レア」の模様を約90分収録した商品ラインナップになっている。

また5月からは、このアルバムを引っさげた全国9カ所9公演のLIVEツアーもスタートするということなので、気になる方はぜひそちらもチェックしてほしい。

※K5はKの上に数字の5

「朝までsugar me」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/p1KM2Vp9A0c

アルバム『トリドリ』
2016年4月27日発売

【CD+Blu-ray】

AVCD-93430/B/¥5,800+税

※初回限定生産

【CD+DVD】

AVCD-93431/B/¥3,800+税

【CD ONLY】

AVCD-93432/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

1:Obertura

松本晃彦プロデュース楽曲

2:Get up!

蔦谷好位置プロデュース楽曲

3:さようなら あたし

亀田誠治プロデュース楽曲

4:朝までsugar me

奥野真哉プロデュース楽曲

5:crying

織田哲郎プロデュース楽曲

※NHK プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

6:Don’t be love feat.斉藤和義

斉藤和義プロデュース楽曲

※フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌

7:明日を鳴らせ

平出悟プロデュース楽曲

※テレビ東京系アニメ「フェアリーテイル」オープニングテーマ

8:Spider trap

奥野真哉プロデュース楽曲

9:ROLLING ROLLING

大島賢治プロデュース楽曲

10:特別な人

K.MASAKI (moumoon)プロデュース楽曲

11:バネのうた- feat.甲本ヒロト

大島賢治プロデュース楽曲

12:最低な夜のあと

大西省吾プロデュース楽曲

13:春の約束

亀田誠治プロデュース楽曲

■Blu-ray

1:朝までsugar me(Video Clip)

2:Get up!(Video Clip)

3:ミディアム・レア at Zepp Tokyo 2015.09.05(約90分収録予定)

■DVD

1:朝までsugar me(Video Clip)

2:Get up!(Video Clip)

3:「ミディアム・レア at Zepp Tokyo 2015.09.05」のLIVE映像の中から3曲を収録予定。

「シシド・カフカ Tour 2016」
5月07日(土) 千葉 柏 PALOOZA

5月15日(日) 北海道 札幌 cube garden

5月29日(日) 愛知 名古屋 ell fits all

6月04日(土) 福岡 DRUM SON

6月11日(土) 宮城 仙台MACANA

6月12日(日) 栃木 HEAVEN’S ROCK宇都宮

6月18日(土) 京都 京都MUSE

6月19日(日) 大阪 梅田シャングリラ

6月26日(日) 東京 shibuya duo music exchange

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP