体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【もっと教えてドクター!】肩こりで吐き気、病院じゃなんとかならないもの?

【もっと教えてドクター!】肩こりで吐き気、病院じゃなんとかならないもの?
Doctors Me編集部です。

最近、デスクワークが続くと肩こりで頭痛や吐き気を感じます。

Doctors Meにも肩こりによる不快な症状の相談が寄せられました。

Q.相談者からの質問

肩こりがすごく、痛く、頭痛と吐き気がすごいです、

整形外科にいきましたが、あとは自分でしてくださいといわれました。どうしたらいいかわかりません。どこにいったらいいんですか?

出典:Doctors Me医師への相談

A.医師からの回答

その場合はやはり整形外科にいくのがいいかと思います。お大事にされてください。

出典:Doctors Me医師への相談

結局、どうしたらいいのでしょうか。ひどい肩こりは、病院では治せないのでしょうか。

気になる質問を医師にフカボリしました。

Q.そもそも肩こりとはどういうことですか。

肩こりとは首のあたりから、肩にある筋肉「僧帽筋」のあたりに現れる、こわばりや重苦しさなどの不快感を総称する言葉です。

原因は諸説あります。

有力な説のひとつに、頭や腕、肩を支える筋肉がずっと緊張状態にあることがあります。

筋肉が緊張し続ける状況として、以下のような例が挙げれられます。

・ずっと一定の姿勢をとり続けたとき

・ストレスが強いとき

・身体が冷えているとき

など

このような状況が続くと僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋、脊柱起立筋といった頭や腕、肩を支える筋肉がずっと緊張している状態です。

すると、これらの部分で血液のめぐりが悪くなり、組織に十分な栄養や酸素が行き届かなくなります。結果として疲労を起こす物質が排出されず、どんどんたまってしまいます。これが肩こりを起こすメカニズムの一説です。

Q.肩こりで頭痛や吐き気を感じるのはどうしてでしょうか。

肩こりがひどくなるとき、身体は姿勢によるコリや冷えなどと同時に強いストレスを感じています。

この強いストレスにより、自律神経の働きのバランスが乱れます。

自律神経には2つの種類があります。

ひとつは交感神経と呼ばれる「戦闘モード」をつかさどる神経です。もうひとつは副交感神経と呼ばれる「休息モード」をつかさどる神経です。これらはそれぞれバランスを取りながらはたらいています。

しかし、肩こりがひどいと交感神経のはたらきが副交感神経よりも強くなります。

すると、筋肉を緊張してしまい首や肩の血流を阻害して脳への血流を低下させます。その結果、頭痛や吐き気などが起こると考えられます。

Q.肩こりで整形外科を受診した場合、どのような治療がおこなわれるのでしょうか。

整形外科で行われる肩こりの治療方法は、大きく分けて薬物療法と理学療法の2つがあります。

≪薬物療法≫

鎮痛剤など、いわゆるNSAIDs(非ステロイド性消炎剤)などの消炎鎮痛剤が用いられます。(内服および湿布、塗り薬などもあります。)

また、筋肉の緊張をほぐすための筋弛緩剤や不安止めのお薬などが用いられることがあります。

≪理学療法≫

運動療法や電気療法、患部を温める温熱療法などが行われることがあります。

Q.肩こりによる頭痛や吐き気がひどい場合、受診する科は整形外科でいいのでしょうか。

頭痛や吐き気の原因が、肩こりによるものであるとはっきりしている場合には整形外科でよいと思います。

もし、肩こり以外の原因が考えられる場合(偏頭痛など)は、脳神経外科や神経内科、内科への受診を考えてもいいです。最近では肩こり外来もあると聞きます。

今回の質問者の方のように、初めにかかった整形外科で治療が十分ではないと感じた場合、可能ならば他の整形外科に相談してみるといいと思います。

Q.肩こりによる頭痛や吐き気がひどいとき、できる緩和方法はあるのでしょうか。

可能であれば肩や首、腕などの軽いストレッチを行ってみるとよいでしょう。

【もっと教えてドクター!】肩こりで吐き気、病院じゃなんとかならないもの?
STEP1:両腕を20秒ほど上に伸ばします。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。