ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドの老舗メーカーがつくるシンプルなグラス。驚きの万能性が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。

現在、このグラスが毎日の生活で様々に使えると大きな話題になっている模様。例えば、こんな風に活躍してくれるのだとか!

なんと、一人分のごはん
だって炊けてしまう!

VISION GLASSの素材は、実験器具のビーカーやフラスコと同じホウケイ酸ガラス。前述の通り、直火で使える耐熱性を兼ね備えています。これを使えば、一人分のごはんだって炊けてしまうというわけ。

食材を引き立たせる器としても

透明な器は、中の食材を引き立てます。色のきれいな素材を組み合わせたサラダやデザートなどを盛りつける器として使うと、食卓がいっそう華やかに!

さらに、
オーブン料理も作れます

耐熱ガラスのVISION GLASSは、オーブン使用も可能。ケーキの生地を流し込めば、ガラスの器のカップケーキが出来上がります。




そのほか、飲み物を入れても、植物を飾っても、カトラリーを入れても、色鉛筆を立ててもOK。

実験器具メーカーが作るグラスだからこそ実現した、機能的でシンプル、飾り気の無い形は、手にした人の使い方次第で楽しみが広がります。

サイズは全7種類で、価格は700円〜1,200円(税別)。普段は検品や出荷を行い、たくさんのグラスが積み上がる倉庫が、週に1日3時間だけ「直営店」としてオープンしているそうです。

【店舗概要】
VISION GLASS JP 直営店
・住所:〒111-0056 東京都台東区小島2-18-17 木本ビル6F
・営業:毎週水曜日17:00〜20:00
・TEL:050-3597-6852

Licensed material used with permission by VISION GLASS JP

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
【日本初】「スパイ体験」できるアトラクションが、新宿・歌舞伎町に登場!
お父さんと娘。2人の思い出をそれぞれの目線で振り返ると色んなことに気づかされる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP