ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外セレブの間でブームの兆し! 男なら絶対に欲しくなる水陸両用車のお値段とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。
そのカリフォルニアにあるWaterCar社が11年かけて設計した水陸両用車がこちらの「Panther」だ。
水上走行の際はギアをニュートラルに入れ、ノブを引くだけでOK。映画『007』のボンドカーばりにわずか15秒で陸上から水上を走れるようになるという。

砂漠から水上まで自由自在に!


とかく水陸両用車と言えば陸上の性能も水上の性能もどっちつかずの中途半端なものになりがちだが、このPantherはちょっと違う。
HONDA製の3.7リットルV6エンジンにポンプジェット推進システムを組み合わせ、陸上での最高時速80マイル(約時速130キロ)、水上での最高時速44マイル(約時速71キロ)を可能にする。
JeepのCJ8をベースに軽量化のためクロモリ鋼のシャーシを使用し、全長15フィートの車体からは想像できないほど水上で安定した姿勢を保つそう。
つまり、ジープのように走らせ、モーターボートのようにクルーズすることができるのだ。

約1,500万円で手に入る男の夢

走行中の動画が公開されるや否や、その性能と手軽さからアクセスが殺到し、ドバイの皇子が6台注文したとも言われている。
たしかにジェットスキー、トローリング、砂漠のオフロード走行、ハンティングと海外セレブが好むアクティビティに使えるPantherは、まさに男の夢が凝縮した1台と言えそうだ。

そして夢を叶えるためには相応の対価が必要になるようで、肝心のお値段は12万6000ドルとかなりの高額。しかし、車と船の役目を果たしてくれるうえ、高額なマリーナ停泊料を払う必要も無いとなれば、考え方によっては安い買い物なのかもしれない。

Q.もしもPantherのオーナーだったら、ドライブはどこに行く?
・ビーチからそのまま海へ!・砂埃を巻き上げて砂漠を疾走・あえて街なかを走り、通行人からの熱い視線を集めたい

Licensed material used with permission by Watercar

関連記事リンク(外部サイト)

タイプの子には即アタック!今を全力で生きる「直球男子」が魅力的な6つのワケ
大正時代の文化財を改装した、青森の「おしゃれなスタバ」
95歳、認知症のおじいちゃん 大好きなピアノの前に久しぶりに座ると・・・指先は覚えていた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP