ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

編集に3年以上の歳月を費やした三宅一生さんの大型本 4月8日に発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE平日夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。4月4日(月)からは5日間、三宅デザイン事務所の代表取締役社長・北村みどりさんをお迎えしています。北村さんは、1976年よりISSEY MIYAKEのアタッシェ・ド・プレス(広報・PR)として、三宅一生さんの全ての活動に携わり、また、香水や時計などプロダクトのクリエイティブ・ディレクションとプロデュースを手掛けていらっしゃいます。

先日、フランス政府からの最高勲章である「レジオン・ドヌール勲章コマンドール」を受章した三宅一生さん。この勲章は、民間人が贈られる最高位の勲章。国立新美術館で3月16日からはじまった「MIYAKE ISSEY展」の開会式に来日したジャック・ラング元仏文化相は、三宅さんに直接勲章を手渡しました。

そのラングさんは三宅さんに対して、「三宅一生さんがいたからこそ、パリという町をクリエイションの都にすることができた」と語っていらっしゃったそうです。

「パリはクチュールの街ですからね、そういう意味ではクチュールは決まったような形ですので、(三宅一生さんが)そこに新しく服の風を入れたということだと思います」(北村さん)

そんな三宅さんのお仕事を、40年に渡り支えてこられたのが北村さん。その北村さんが構想し、編集に3年以上もの歳月を費やした大型本『Issey Miyake 三宅一生』が4月8日に発売されます。これまで、三宅さんのすべての歴史をまとめた本はなかったのだそうです。

「これまで私たちが出版した本は、各展覧会のカタログ的な本でした。各展覧会をひとつの仕事の区切りにしているのですが、各展覧会の前後、間が歯抜けになっていました。展覧会の間には、研究やリサーチをしています。ですので、三宅の歴史を(最初から最後まで)一気に俯瞰できるものがなければいけないと考え、学生の頃からスタートして、現在の仕事まで入っています」

「さっきみどりさんに、ぱらっと見せていただいたのですけど、ぜんぜん僕も知らないことがずいぶん入っていて」(小黒)

ドイツの出版社が製本したという今回の大型本。これまで目にしたことのない、三宅一生さんの作品や歴史を見ることができそうです。

【関連サイト】

「LOHAS TALK」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP