ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進退不明の「民主くん」 細木数子に相談や整形の覚悟あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 民主党と維新の党が合流して「民進党」が誕生したものの支持率は低空飛行。パッとしない船出の中で冷たい仕打ちを受けているのが、民主党の公認ゆるキャラ「民主くん」だ。

「残念ながら、党のマークが変わりますので、そうすると彼が公認の位置づけにはならないと思います」

 3月27日の会見で岡田克也・民進党代表は民主くんに向けて公認取り消しを言い渡した。

 2007年に党所属議員の発案で誕生した民主くん。昨年8月の「ゆるキャラグランプリ 2015」出場に際して“党公認キャラ”を勝ち取ったが(結果は1747キャラの中で142位)、今回の民進党誕生で“無所属”となった彼の未来には暗雲が立ちこめている。

 民主くんの今後はどうなるのか、民進党広報に問い合わせたところ、こんな気のない答えが返ってきた。

「民主くんですか……彼が今後どうなるか、まだわかりませんねェ。民進党に再就職できるかも、なんともいえません。今も民進党本部に住んでいますから、来ていただければ記念撮影もできますよ」

 新党名に合わせて「民進くん」や岡田代表提案の「進くん」に名前を変えれば“続投”も可能なのでは? そう聞いても「本人次第ですね。質問があればメールを本人に転送しますけど」と素っ気ない。

 そこで改名や新ロゴに合わせた“整形”の可能性について質問状を送ってみると民主くんから返信が。

「改名も一案ですが、芸名を決めて活動しようと思っています。細木数子先生に相談しようかなぁ……。(体の色や形状を変えることについては)ライザップでも高須クリニックでも手段を選ばずにいく覚悟はあります」

 民進党のために努力(?)を惜しまないとのご返答。出戻りが当たり前の民進党議員たちより、彼の忠誠心のほうがよっぽど信用できますね。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
台湾総統選前日「家の戸開けると買収歓迎」一票3000~9000円
金美齢氏 総統選後の馬英九氏「台湾は中国の一部」宣言懸念
ゆるキャラK、F、Nら 人気者になってから個室の準備を要求

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP