ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Galaxy S6 edgeのAndroid 6.0.1アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 4 月 5 日、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy S6 edge 404SC」の Android 6.0.1 アップデートを開始しました。今回のアップデートは OS のバージョンアップを伴う大規模なもので、主に Android 6.0 における新機能の追加と Samsung 独自の機能強化が主な変更点になります。アップデート後のビルド番号は「404SCSCU1CPCA」です。まず Android 6.0.1 では、ホームボタンを長押しすると画面の情報を読み取り文脈に合わせた情報やメニューを表示する「Now On Tap」が利用できるようになります。アップデート後に試してみてください。また、Doze モード(端末が非アクティブになるとアプリ全体の活動を抑制)と App Standby 機能(あまり使われていないアプリの活動を抑制)により、バッテリー消費が低下するはず。ほかには、共有メニューに対応アプリのコンタクト情報を表示してよく利用する人にダイレクトにシェアできる「Direct Share」、URL を開くアプリを事前に定義できる「App Links」、指紋リーダーのネイティブサポートによって、Google Play ストアの購入時にも指紋認証が利用できるようになります。Samsung 独自機能の変更点としては、カメラにライブブロードキャストやコラージュモードが追加、フォルダ内の「+」アイコンから直接アプリを追加できる機能が追加、ロック画面のアプリショートカットを自由に変更できる機能が追加、WEB ページの長いスクリーンショットを撮影できる「スマートキャプチャー」機能が追加、アラームに「休日は消音」が追加、アプリドロワーに検索ボタンが追加されています。エッジスクリーン機能も強化されています。エッジパネルにマイプレイスが追加され、自宅 / 勤務先 / 外出先で事前に設定したアプリに切り替わるようになります。また、Task Edge 機能やクイックツール(定規 / コンパス / トーチ)も追加されました。Source : ソフトバンク

■関連記事
中国 ZUK、4月25日に発表イベントを開催、「ZUK Z2」を発表か?
Google、「Google Wallet」を「Google Payments」に改名
Motorola、Android Wearスマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」の46mm・42mmモデルの国内販売を本格化、MVNOなどでも販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP