体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

片道5980円、成田から2時間半で行ける!沖縄より近い奄美大島6つの絶景

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) 奄美大島探検マップ

成田から飛行機で約2時間半・・・そこには南国が待っています。奄美大島は、バニラエアが成田~奄美大島間を就航してから、さらに身近な島になりました。片道5980円という破格のチケットも! 今回はそんな奄美大島の海の魅力をたっぷりとご紹介します。

まるで南国のリゾート地のよう、穏やかなスカイブルーの海が眺められる「土盛海岸」

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) 奄美大島探検マップ

奄美大島に到着してすぐに訪れたいのが「土盛海岸」。空港からあやまる岬に向かう途中にある海岸です。足元に広がる白い砂浜、見渡す限りスカイブルーの海に思わずため息がこぼれてしまいます。

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) 奄美大島探検マップ

北向きの海岸ということで、夏場は波が静かだそう。こんな穏やかなスカイブルーの海を眺めていると、心が洗われますよね。モクモクとした夏の入道雲とブルーの海のコントラストがまた乙です。

恋の成就を願いたくなる!自然がつくり出すハートロック

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) 奄美大島探検マップ

奄美大島の北部にある龍郷町の赤尾木の東海岸(ビラビーチ)には、潮が引くとハートロックと言われるハート型の潮だまりが姿を現します。この海岸にはいくつかの岩場がありますが、森を抜けて2つ目の岩場がハートロックです。自然がつくり出すハート型の芸術。見事ですよね。思わず恋の成就を願いたくなってしまいます。

宇宙人の軌跡か!?奄美大島でしか見られないミステリーサークルがある

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) マリンステイション奄美

穏やかな大島海峡の海底には、じつは世界でも例を見ないミステリーサークルがあります。じつは、このミステリーサークルを作り出したのは、宇宙人ではなく、フグ!

「アマミホシゾラフグ」という新種のフグで、いまのところ奄美大島でしか発見されていないそうです。このフグのオスがメスを呼び込み、メスに卵を産んでもらう場所を作るのですが、それがミステリーサークルの形状になります。まさに自然の神秘ですね。

xhttps://www.youtube.com/watch?v=MciAVgTuIGM

【海底のミステリーサークルができるまで。/Marinestation Amami】

ただ、こちらのミステリーサークルは水深12M以上のところにあり、ダイビングライセンスを持っていないと潜れません。

「マリンステイション奄美」では、ライセンス取得講習も行っているので、この機会にダイビングのライセンスを取得しておくのもいいでしょう。

いまにも降ってきそうな星空が見られる、サーフスポットしても有名な「手広海岸」

東京から2時間で行ける!沖縄より近い奄美大島の海が絶景だった
(C) 奄美大島探検マップ

南風の影響で台風がくると、一番に荒れる「手広海岸」。最高の波が楽しめるサーフィンのメジャースポットでもあるそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。