ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛すべき残念男子~節約男子編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、自分への投資に熱を入れ過ぎて金欠気味です。そうなると婚活にも影響が出てしまって悪循環な日々…。

全てを手に入れる事は不可能なのかと叫びたくなってしまう今日この頃です。

今回は、女子も感心してしまうほどの節約に関する「残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①デートは家か散歩

「お店に入らない」は節約の基本ですが、それをデートにも反映されてしまうと正直残念。

最初のうちは、おうちデートが逆に新鮮でドキドキ感を感じますし、お散歩デートも「何でもない1日を一緒に過ごせるなんて幸せ」などと、彼との甘い結婚生活を妄想してしまいます。

ですが、家とお散歩の繰り返しなデートコースにどんどん気持ちもゲンナリ…。

たまにはラブホで思いっきりしたい! なんて下世話な事を思ってしまうのは、私だけではないはずです。

豪華なデートを望んでいるわけではありませんが、いろんな景色を彼と見てみたいと思うのが乙女なのです。

「残念男子」認定ポイント②1円単位で割り勘してくる

1円単位割り勘男子…。こういう男子はお堅い職業の方や恋愛初心者に多いように思われます。

ただスマートな割り勘というものを知らないだけで、真面目で誠実な男子というケースが多いのですが、気持ちが一気に引いてしまうのは女子の本能かもしれません。

しかも下手をするとこの手の男子は愛情も割り勘を求めてきますので、ケンカになると理詰めで攻めてくる可能性が高いです。

そんな残念男子はこっちから願い下げ。金の切れ目が縁の切れ目だとしみじみ思ってしまいます。

「残念男子」認定ポイント③自分の事を「ミニマリスト」と勘違いしている

ただの節約家である残念男子が自らをミニマリストと勘違いしている惨状は非常に残念。

真のミニマリストは必要最小限の物のみでシンプルに暮らしていて、若干の手間を惜しまないちょっと生活に余裕がある人ではないでしょうか。

ティッシュをトイレットペーパーで代用するのは、ただのドケチな節約家。

そんな事されたら良い感じの雰囲気が台無しです。恋愛には手間を惜しまないという事は必須だと思います。

 

節約男子は人生の伴侶になり得る非常に良い男子だと思いますが、度を越すと残念。人付き合いは多少のお金がかかる事を覚悟した方が良いと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

【連載】女のホンネとタテマエ~「私ってモテる女なんだよね」を意味するコトバ~
【連載:映画で分かる女の本音】~いまの年齢のまま見た目が若返ったら人生どうなる!?〜『あやしい彼女』
女子が実はいらないと感じている男子の気遣い4つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP