ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

桜満開の季節にぴったり!29種もの桜を写生した江戸時代の絵師 坂本浩然による「桜花譜」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

全国各地で桜が満開となり日本の春本番を迎えていますが、桜は昔から日本人の心を惹きつける存在でした。

江戸時代末期の絵師 坂本浩然(さかもとこうねん)。

紀伊藩の医師でもあった坂本浩然は草花の写生で知られている人物で、特に桜を写生した「桜花譜」はとても美しい作品です。

「桜花譜」には29種もの桜が描かれており、1頁に1種類の桜が描かれるといった構成で、図鑑と芸術作品の2つの側面を持ったとても価値ある作品です。

桜が29種類もあるのには驚きですが、現在では数百種類の桜が確認されているそうです。ちなみに日本の桜で有名なソメイヨシノは明治期に生まれた品種なので、坂本浩然の時代にはまだありませんでした。

坂本浩然の「桜花譜」に描かれた29種類の桜は色も形も多種多様。1ページを贅沢に使って桜とその桜の名称が記されており、この桜の時期に鑑賞するのにぴったりの作品です。

桜花譜は国立国会図書館デジタルコレクションで無料で公開されていますので是非チェックしてみてください。

国立国会図書館デジタルコレクション – 桜花譜
坂本浩然

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

コレクター魂を揺さぶる!450点以上の根付や印籠が集結する「細密工芸の華 根付と提げ物」が開催
ナイスNHK!昭和時代のモノクロ映像で「今日は何の日?」を毎日お届け「きょうの蔵出しNHK」
トトロがいっぱい!デザインも春夏秋冬で20種類が揃った「となりのトトロ」の和紙千代紙がカワイイ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。