ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 端末などのタッチレスポンスやオーディオの遅延時間を計測できる開発者向けの新ツール「WALT Latency Timer」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 4 月 4 日(現地時間)、Android 端末などのタッチレスポンスやオーディオの遅延時間を計測できる開発者向けの新ツール「WALT Latency Timer」をリリースしました。WALT Latency Timer は、Android デバイスと Chromebook において、タッチ操作と音声の入力とアプリからの出力の遅延時間をシステムレイヤーごとにで計測できるテストツールで、GitHub でオープンソース公開されています。タッチレスポンスやオーディオの遅延は端末の操作性と利便性に直結する要素であり、 WALT Latency Timer ではこれらを最小限に抑えるための分析データを提供します。上図の例では、Nexus 6 と Nexus 7 でタッチレスポンスを比較したところです。グラフでは画面にタッチ→カーネルがタッチパネル用のドライバにアクセス→アプリが画面の出力を完了させる、までの時間がミリ秒単位で表示されています。Source : Android Developers

■関連記事
Google、「Chromeリモートデスクトップ」のデザインを一部刷新
カシオ WSD-F10のiOSでのサポート機能一覧
LG、G5で従来型のアプリドロワーを再現する「LG Home 4.0」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP