ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

歩けなくならないよう予防を!認知症高齢者のフットケアについて

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アイキャッチ

足の裏は、第二の心臓と言われています。たくさんのツボがあるため、適度なマッサージは本当に気持ちいいですよね。足がしっかりしていて良い姿勢でいることは、いくつになっても元気でいる秘訣のひとつだと思います。歩けなくならないよう、予防として行うフットケアについてお話いたします。

フットケアって何をするの?

足の手入れ、つまりは足の爪を切ることや、マッサージ・保湿、皮膚病の治療のことです。

以前、急に歩くのが億劫になった認知症高齢者の方がいらっしゃいました。原因が分からず困っていたのですが、ふと足を見せていただいたところ、見事な巻き爪になっていたんです。ご本人は巻き爪であることが理解できていなかっため、訴えることができなかったようです。もしそのまま動かなかったら、筋力・骨は弱っていき、寝たきりになってしまっていたかもしれません。

歩くためには、まずその方の足の状態をきちんと把握し、適切な対応を取ることが重要だと言えます。

フットケアの方法

足の状態によってさまざまな対応があります。しかし、フットケアを行う前に、是非確認いただきたいことがあります。それは、足を見られることに抵抗を感じる方かどうかです。無理強いをすることにより、信頼関係が崩れたり、フットケアに関して悪い印象を持たれてしまう場合がございます。

そもそも足を見られるのに抵抗がある人には

リフレクソロジー
恥ずかしくないことであると、理解いただく事が必要です。以前、恥ずかしがられる方がいらっしゃった際、デイサービスでボランティアのセラピストさんに来ていただき、オシャレなリフレクソロジー等を体験してもらった事があります。少しずつ、抵抗感を無くし、足の大切さをセラピストさんにも伝えてもらったりすることは、とても有効だったと思っています。

巻き爪の場合

画像
年を重ねると爪が硬くなったり、変形してしまったりと巻き爪になりやすいです。爪を切る際は、お風呂上りや暖かいタオルで足をくるむなどして、爪を柔らかくしてから行います。痛がって爪が切れないなど重度の巻き爪の場合は、早めに医療機関へ行き、医師に治療してもらいましょう。

外反母趾の場合

外反母趾
現在の高齢者の方々がお若い頃は、外反母趾という言葉も無かったと思われます。皆さんの足をみると、女性はかなりの確率で、外反母趾になられている方が多いのです。お聞きすると、いかにも痛そうですが、「全然痛くない」とおっしゃいます。でも、指が絡んでいたり、合う靴が無かったりするようです。この様になってしまうと、長い時間歩く事ができなくなります。お元気なのに、もったいないですね。お風呂上がりに、足の指の間に手の指を入れて、グルグルと足首を回したり、していきましょう。

水虫の場合

水虫
ご高齢の方の足は皮膚が厚く硬いので、水虫の原因である白癬菌にとってとても住みやすい環境なんです。白癬菌は高温多湿を好むため、風通しをよくすることが重要です。また、施設で他の利用者さんに移らないよう配慮することも忘れないでください。例えば、水虫の高齢者の情報をスタッフで共有し、サンダルを使いまわさないようにするなどです。

フットケアを通して分かる病気のサイン

足の傷が治りにくい時は、糖尿病を疑った方が良いかもしれません。また、むくみは心臓の病気のサイン。いつもと少しでも違うと感じたら、上司や専属医などに報告するよう心がけてください。足はさまざまな病気のサインを映し出してくれます。認知症高齢者の方の足の状態を日々確認し、見逃さないことが大切です。

フットケアでコミュニケーションを

画像1
「たくさん歩けるように足のケアをしていきましょう」「初めてハイヒールを履いたとき、どんな気持ちでしたか?」などと聞いたり、「履いてみたい靴や着てみたい服はありますか?」など、コミュニケーションを取りましょう。認知症高齢者の方の過去を共有したり、今はどんなことに興味があるのか知ることで、信頼関係を築けますし、何よりおしゃべりしているとケアしている側も楽しくなってきませんか!?

さいごに

いつまでも元気でいたいという願望は、誰しもが持っているものではないでしょうか。歩くことで足腰は鍛えられますが、大前提として足がしっかりしていることを忘れないでください。そして不調があれば気づけるよう、普段からフットケアを通して見ることを心がけてみてくださいね。

この記事を書いた人

いのうえひとみ

介護福祉士。2児の子育てをしながら資格を取得。NPO法人理事、訪問介護事業所サービス提供責任者を経験後、平成19年に小規模通所介護事業所の立ち上げに関わる。管理者・相談員を務める。外出行事や趣味に特化したプログラムを企画。平成27年、より多くの人をサポートしたいと独立。現在、介護保険外の外出サービス「サンキュウハンド」代表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。