体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脱3日坊主!やろうと思ったことを継続するための方法!<みんツイ研>

みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

今日のテーマは、「やろうと思ったことを継続するための方法!」3日坊主で終わってしまう人が必見の、なにごとにも使える継続法についてご紹介いたします!

数年前の話。当時好きだった女の子から「私の好きなタイプは笑顔が素敵な人!」と言われ、表情筋を鍛え始めた時があります。表情は顔周りの筋肉と密接に関わっているので、実は口角を上げることによって、笑顔が素敵になるんですよね。好きな女性に振り向いてもらうために、そこから毎日、口角を上げるトレーニングを開始しました。しかし、3日経ったくらいで止めてしまいました。「こんなの意味ない!」と、自分都合の理由をつけて….

前置きが長くなりました。

今日の話題は「やろうと思ったことを継続するための方法!」

1.SNSで友達に宣言しちゃう!

LINE、twitter、facebook、instagram…さまざまなSNSがありますが、何かを始めてそれを継続したい時はSNSで高らかに宣言するのがオススメです!「今から自分は~をはじめます!」と言えば、多くの人が応援コメントをしてくれますし、同時にやめ辛くなります。多くの人から見られていると、頑張っちゃいますよね。また、チャレンジを達成したとき、SNSに再び「達成しました!」と投稿すると、盛大に祝ってもらえるのもオススメ理由です!

最近の、twitterやfacebookなどでは大事な投稿をプロフィールページに固定することもできるので、それを使えば、多くの人の目に宣言の投稿が留まり、よりプレッシャーを増やすこともできます。しかし、どうしてもやめないといけない時に、悩みの原因になるのがたまにキズ。使いどきを選びましょう。

2.辛くなったときに相談する友達をつくる

継続するのはやはり心が辛くなることも。しかし、その辛い思いを相談できる友達がいれば、ある程度軽減されるものです。そこでオススメなのが、友人に、もし辛くなって諦めそうになったら鼓舞してもらえるようにをお願いすること。「~月~日まで、自分は◯◯に挑戦するんだけど、もしキツくなってやめそうになっていたら、檄を飛ばして欲しい。」と。

もし信頼できる友人ならば、「がんばれ!」と応援してくれるはず。もしその友人が本気で応援してくれるならば、一日どれだけチャレンジできたかという状況(累計勉強時間や摂取カロリーなど)も報告するのも良いでしょう!

3.やることリストを作る!

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。