ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギリス発の注目バンド「ゴーゴー・ペンギン」 名前の由来は意外に適当!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVEの平日午後の番組「ACCOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:板倉アコ)。4月4日の放送では、イギリスから来日中のバンド「ゴーゴー・ペンギン」がゲスト出演しました。

彼らは、ピアノ担当のクリス、ドラム担当のロブ、ベース担当のニックの3人で構成される、ピアノ、ドラム、ベースという珍しい編成のインストバンド。イギリスのマンチェスターを拠点に活動し、ジャズやクラシックの要素も持ち合わせたサウンドで、今注目を集めています。

今回、初来日し、ブルーノート東京でライブを行った3人。日本の感想を聞かれて、「初めてだったけどとても楽しんだ」(ロブ)、「しっかり聴いてくれ、リスペクトしてくれていることが伝わってきた。音楽を楽しんでくれている」(ニック)と、日本のファンの反応に好感触。

実際にライブに参加したリスナーから「CDを上回る楽しさだった」というメールが届いたことについては、「とてもうれしい! 来たことのなかった日本で、自分たちの音楽を聞いてくれていることが純粋にうれしい」とクリスが感謝を述べました。

そして、「ゴーゴー・ペンギン」という、ちょっと不思議なバンド名の由来を聞かれると、「3人が急に集まってショーをすることになり、名前を決めないといけなくなった。オペラに使われていたペンギンがその場にあったから、じゃあペンギンにしよう!」となったことをクリスが披露し、加えてロブが「ペンギンだけだとカッコ悪いから何かつけようと、頭に“ゴーゴー”をつけた」と明かし、意外に適当(?)につけられたことが判明しました。

最後に、これからの目標や共演したいアーティストを聞かれると、「3人ともビョーク、トム・ヨークとはやってみたいと思っているけど無理かな?」(ニック)、「この前、トム・ヨークの家の前を歩いた。そして少し前に、トム・ヨークのアルバムのプロデューサーと少し話をした。もう、これ以上は近づけないんじゃないかな」(ロブ)と、笑いを交えながら語ってくれました。

番組で紹介されたゴーゴー・ペンギンの楽曲は、かわいらしい名前とは違い、シックなサウンドがとてもいい感じ! これは要チェックです!!

【関連サイト】

「ACCOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP