ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』:ネガティブなレビューに“悲しむベン・アフレック”の動画が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

逆境に直面した時、マン・オブ・スティール(スーパーマン)は平静を保つことができるかもしれないが、バット・オブ・ゴッサム(バットマン)は?  そうはいかない。

ベン・アフレックが、米ヤフー・ムービーのインタビューで映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の否定的なレビューについて尋ねられた時に悲しそうに見えたことで、ファンが、ひどく動揺したアフレックの動画を作成した。アフレックは同作でバットマン役を演じている。

アフレックの共演者であるヘンリー・カヴィル(スーパーマン)は、気力を保ちながら同作への批評を防御した。アフレックは、カヴィルが回答している間、視線を下に向け、カヴィルが話し終わるとたった一言だけ答えた。

アフレックは、カヴィルの意見に同調し、「同意です」と、述べた。

YouTube動画クリエイターのサブコンスは、このインタビュービデオを編集し、アフレックの黙りこんだ顔つきにサイモン・アンド・ガーファンクルの楽曲『サウンド・オブ・サイレンス』を加えた。

批評家達は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を3月25日の劇場公開前に酷評していた。

ザ・ニューヨーカーの英記者アンソニー・レーンは、「何をすれば良いか分からない場合、(スナイダー監督は)シンプルに新たなネタを映画にただ放り込むだけだ。たとえ放射線を浴びたモンスターであろうと、政府機関の建物の爆発であろうと、レンガで頭を激しく叩くことであろうと」と、綴った。

もしかすると、同作への最も猛烈な攻撃の一つは、Vox.comのアレックス・アバド・サントスによる記事かもしれない。記事では、同作は「コミックスのファンに対する犯罪」になる、と宣言している。

アバド・サントスは、「クリストファー・ノーランとクリスチャン・ベイル、故ヒース・レジャーが作り上げた同スタジオの映画『ダークナイト』3部作の素晴らしい意志は遠い過去の遺品のようだ。ザック・スナイダー監督がDCコミックスの最も象徴的なヒーローたちへの敬意と信じている、嘆かわしくて必要のないPG−13指定の孤独な闘いが繰り広げられ、耐えられないほどの失望がある」と、語った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP