体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・クルーズ主演で映画化も! 西川貴教主演『ロック・オブ・エイジズ』製作発表記者会見

全員集合写真!

10月28日から11月18日にかけて東京、大阪、福岡にて上演されるロックミュージカル『ロック・オブ・エイジズ』の製作発表記者会見が9月30日、六本木で開催された。出演するT.M. Revolutionの西川貴教、島谷ひとみ、山崎裕太、高橋由美子、misono、川平慈英が出席した。

『ロック・オブ・エイジズ』は2006年のロサンゼルスでの初演以来、全米中をロックの渦に巻き込んでいるロックミュージカルである。ボン・ジョヴィ、ジャーニー、REOスピードワゴンなど、80年代を代表するバンドのヒットナンバーの数々が劇中で歌われていく、これまでにないスタイルが大きな話題となった。トニー賞作品賞を含む5部門にノミネートされ、2012年にトム・クルーズ主演での映画化も決定している話題作だ。

日本初演となる今回、キーマンのドリュー役を演じるのは西川貴教。T.M. Revolutionでの活動以外にも、数多くの舞台で活躍しているミュージシャンだ。記者会見は、六本木のハードロックカフェ東京で行われ、西川貴教のほか、共演者の島谷ひとみ、山崎裕太、高橋由美子、misono 、川平慈英が登壇した。ロックサウンドが流れる中、ロックンロールな衣裳の出演者たちはお互いの発言にツッこんだりと、すでに息のあったかけ合いを見せ、笑いのたえない会見となった。

ロックシンガーを夢見て、あきらめずに生き抜く本作のキーマンであるドリュー役・西川貴教は、「ちょうど歌稽古が始まったところで、僕自身、一人のリスナーとして共演者のみなさんの歌を聴いてすごく楽しんでいます。この作品を日本で、このキャストで上演できること、その一員になれたことを本当にうれしく思っています。この作品の中に詰め込まれている楽曲は、僕自身もリアルタイムで聴いていましたし、当時中学生で、バンドを始めた頃で、Twisted Sisterのナンバーとか、最初にコピーした曲でもあるんです。ある意味、このミュージカルを通して、自分の音楽の原体験をもう一度追体験させてもらいつつ、「自分にとって音楽とは?」ということをあらためて考えさせてもらえる気がしています。リアルタイムで聴いていなくても、どれも「聴いたことがある!」と思っていただける楽曲ばかりです。ミュージカルというと、きちんと座って観劇する、というイメージがありますが、みんなで一緒に歌って盛り上がれるような、今までになかったミュージカルが作れたらいいなと思っています」と作品への熱意を語った。

女優を夢見て田舎からロサンゼルスへ行ったドリューと恋に落ちるヒロインのシェリー役・島谷ひとみは「今日の私たちの姿を見ての通り、派手に行きたいなと思っています。私自身、ロックなイメージが無いと思うんですけど、今回は私の中にあるロックな部分をお見せします。稽古はまだまだこれからですが、すでにみんなで盛り上がっていて、賑やかな空気が出来上がっています。ミュージカルを観に行くというよりも、ロックを聴きにくる気持ちで劇場にいて頂きたいですね。もう西川さんがすごいので、ぜひ見にいらしてください!」と西川を大絶賛していた。

ロックバンドのボーカル、ステイシー役・山崎裕太は自分の役について「クドく、飽きられるぐらいに濃い男を演じたいと思っています。今年30歳になり、いろいろな意味で節目だなとも感じています。そうした時期に演じるこの作品では、ロック、ミュージカル、芝居という3つの割合をしっかり保ちつつ、ロックできればと思っています。僕は本当に恵まれていて、みんながおそらく歌いたい曲を歌わしてもらっていると思います。だから楽しんで歌いたいです」と語った。

ライブクラブを飛び出したシェリーを雇うストリップクラブのママ、ジャスティス役・高橋由美子は「今回は歌も含めて、これまでにない迫力のある役なので、“分厚く”やっていけたらいいなと思います。迫力を出せるようにお稽古していきたいです。とにかく今は、自分の担当を一生懸命覚えている段階です。起きている時も寝ている時も、お酒を飲んでいる時も(笑)ずっと歌が流れている感じで……その状態から脱出して、楽しんで歌えるようになりたいです」と笑顔。

ロックの大ファンで、ロックを町から排除しようとする動きに立ち向かう市の職員ワギーナ役・misonoは「現在、アーティスト活動は休養中ですが、お芝居はやりたいと思っていましたし、こうして歌える機会を頂けたことに本当に感謝しています。私はもともとネガティブの魂から生まれる、ネガティブロックをやっていて。応援ソングとか書けなくて、なかなか共感してもらえなかったんですけど(笑)今回はお兄ちゃんとして、親しくさせて頂いている西川さんと共演できることもあり、とても楽しみです」とやる気を見せていた。

現代から物語の舞台となる1980年代のロサンゼルスへと観客を導くロニー役・川平慈英は「ロニーはこのミュージカルの水先案内人的な役割なんですが、ちょこちょこ出て来てよくしゃべります(笑)。なるべく濃く、クドくなり過ぎず、お客さんに飽きられないように役を全うしたいと思います。物語自体はマンガみたいなんですけど、1曲1曲がメガトンパンチのような、“キターッ!”と言いたくなるものばかりです。本当にアメリカの大学の週末のパーティーのような、“Let’s Rock’n Roll!”というミュージカルに久々に出会えて、本当にうれしく、参加させていただけることに心から感謝しています。劇場に来て頂いたお客様一人ひとりに、パワーと癒しすら与えられるミュージカル、これは絶対になります!」と作品に自身を見せた。

2ショット!

ロックミュージカル『ロック・オブ・エイジズ』は、2011年10月28日から11月6日まで東京国際フォーラム・ホールC、11月11日から11月13まで森ノ宮ピロティホール、11月19日アルモニーサンク北九州ソレイユホールにて上演される。この舞台を観て、80年代ロックンロールの熱いエネルギーを思い切り体感してみては如何だろうか。

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。