ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人首脳陣「ヨシノブお坊ちゃまと爺やたち」の密着ぶり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新人監督の開幕4連勝は何と1981年に慶大―巨人の大先輩・藤田元司氏が成し遂げて以来の快挙である。ところが、申し分ないスタートダッシュを決めた高橋由伸・巨人新監督に、なぜか巨人ファンから「ちょっと頼りなさすぎるんじゃない?」との声が上がっている。

 記念すべき監督初勝利の第一声は、「勝ててホッとしていますし、さすがにちょっと疲れましたね」とボソリ。結びの一言は、「これからまだまだ長いシーズンになりますんで、そっちのことで頭がいっぱいです、ハイ」で終わり。テレビの前で観ていたファンたちは「それだけ?」と肩透かしを食った。

 それ以降の勝ち試合でも「明日も切り替えて勝てればいいですね」とか、「引き続き、こういうゲームを続けていければ」と、惜敗したかのようなコメントばかり。

「こっちは勝って大喜びしてるんだから、もっと威勢のいい言葉を聞かせてよ~」(3月29日の横浜戦で応援していた巨人ファン)という声が上がるのも当然だ。

 この弱気ぶり、一体どうしてなのか。それはベンチを見ていればよくわかる。左に村田真一・ヘッドコーチ、右に尾花高夫・投手コーチ。背後に内田順三・打撃コーチとベテランコーチ陣が取り囲み、ことあるごとに彼に耳打ちしているのだ。そのさらに外周には、江藤智・打撃コーチ、豊田清・投手コーチらもいる。

 もう「ヨシノブお坊ちゃまと爺やたち」と名付けてしまいたくなるほどの密着ぶりなのだ。腕組みをして周囲を寄せ付けない雰囲気を放っていた原辰徳・前監督、小さなことでも勇んでベンチを飛び出した長嶋茂雄・元監督とはまるで違う。現実に、世話役の「爺や」たちがいないと独り立ちできないようだ。

「高橋監督はことあるごとに尾花さんや村田さんに指導を受けているし、彼からも“どうすればいいすかね?”と不安げな顔で相談している。もともと現役時代から、監督の原(辰徳)さんに“ヨシノブは優柔不断”と指摘されていた性格だから、即断即決できるわけがない。だから投手交代や代打もタイミングが遅れてしまうんです。

 たとえば、3月21日の西武とのオープン戦でも、8回無死二塁で村田修一にバントさせるかどうか悩んでいるうちにサインを出せなかったし、その後1死満塁のチャンスになって左腕投手と左打者の対戦になった時も、右の代打を出すか悩んで、結局間に合わなかった」(全国紙巨人番記者)

 開幕からの連勝時、スポーツ紙各紙は「動かない由伸采配が的中」ともてはやした。だが実際は「動けなかった」というのが真相のようだ。開幕戦では8番の捕手・小林誠司に代打を出さなかったことがタイムリー安打につながったが、結果オーライだったのである。

「一事が万事伝言ゲームですから大変。選手へのサイン伝達は村田コーチの役目なんですが、開幕第3戦では6回裏のバント失敗後、高橋監督が村田コーチに“ヒッティング”と口頭で作戦変更を伝えたのが全国ネットで映し出されてしまった。相手のヤクルトにもバレバレでしたね(笑い)」(スポーツ紙記者)

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
日本屈指の投手コーチW獲得 ソフトバンク「アリババ補強」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP