ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長寿1位長野県の意外な悩み 本当はジャンクフード食べたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本でも有数の好感度の高い京都。しかし今、そんな京都の嫌なところを暴露した本『京都ぎらい』(井上章一著・朝日新書)がバカ売れしているという。地元民だからこそわかる、その県民性の善し悪しがある。今回は、北陸新幹線開通で観光王国となった石川県と、長寿で注目の長野県の意外な苦痛、そして死亡率No.1の青森県のぼやきを紹介しよう。

 北陸新幹線で一躍観光大国に躍り出た石川県は、寿司の外食費が全国1位(1万9649円/2012年)。

「寿司にはやたらうるさい。回転寿司でも回っている寿司には目もくれず、板前に直接注文します。“寿司とはそう食べるもの”と教えられた、ボンボン気質ゆえ。だから魚嫌いだと本当に住みづらいんです、私のように…」(50才・主婦)

 また男女とも、日本一長寿の県として知られる長野県(男性平均寿命80.88才、女性平均寿命87.18才/2010年)。規則正しい生活を送る、まじめな県民性がその記録を作り上げたといわれているが…。

「正直この町で生活するのはつらいですよ。足腰が痛いのに元気なふりをしなければいけないし、どちらかというとジャンクフードや甘いお菓子、ご飯も濃い味が好きなのに、薄味の健康食を毎日食べなければというプレッシャーがあって…。のんびりしたくても地域のサークルにも通わないといけないし、こんな老後を送りたいわけじゃなかった」(61才・女性)

 長野とは反対に、平均寿命が男女とも全国ワーストの青森県では、自虐的なぼやきが聞かれた。

「喫煙率の高さは全国1位。がんの死亡率も全国最高。これだけ不健康な県認定を受けているのに、行政も県民も誰も深刻に受け止めてないんですよ。むしろ旅行会社が『短命県体験ツアー』を企画したほど。

 しかもキャッチコピーは『青森県がお前を殺す』。さすがにこれはないんじゃないかと唖然としましたが、観光客が殺到したとかニュースになったりして、地元でも喜んでる人が多く、何も言えず…」(45才・男性・漁業)

 納得したり、笑ったり、誰かに話したくなったことだろう。でも県民性博士として知られる矢野新一さんは「気をつけて」と言う。

「地元の嫌いなところを指摘して許されるのは地元民のみ。他県の人に面と向かって言われるとむっとします。これも一種の愛郷精神なんですよね。くれぐれも不用意に言わないよう注意してください」

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
静岡の回転寿司店の高さ約6cm「こぼれずわいがに」は483円
沖縄にビタミンCが豊富なゴーヤーを使ったノリ巻きが存在
【お取り寄せグルメ】懐石料理のコースでも評判「生さば寿司」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP