ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

V6三宅 「滝沢歌舞伎」出演に納得するため滝沢と4時間語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「男の色気は脱ぐことだけじゃないよ」と女性セブンの撮影に挑んだ三宅健(36才)。昨年、V6が20周年を迎え「あらためてグループ力を実感した」と言うが、今年新たに挑戦するのは、事務所の後輩である滝沢秀明が主演・演出を手掛ける舞台『滝沢歌舞伎2016』(東京・新橋演舞場、4月10日~5月15日)。

 11年目となる同公演で、「誰も想像できないキャスティングにしたかった」ということで滝沢が懇願したのだ。本格的なタッグは初となるふたりだが「少しでも力になれれば」と男気を見せる三宅に話を聞いた。

 今年11年目を迎える『滝沢歌舞伎』だが、三宅自身一度も見たことがなかったという。そんな舞台に出演してほしいと滝沢からオファーを受けた。あまりに唐突すぎるオファーを聞いた三宅は滝沢を食事に誘ったのだとか。

「純粋になんでぼくを選んだんだろうって疑問があったんですよね。なんでぼくを選んだのか直接会って聞きたくて誘いました。一緒にステージに立つのは滝沢がJr.としてバックについてくれたとき以来だから…ふたりでご飯食べる日がくるなんて思ってもいなかったですね」(三宅・以下「」内同)

『滝沢歌舞伎』のDVDを見てから臨んだふたりきりの食事会。

「やるとは決めていた」と言う三宅だが、どうして自分を選んだかということに納得するのに長い時間を要したようだ。

「滝沢歌舞伎に対する思い、ぼくを選んだ意味を延々聞いてました。お酒を勧めても飲まないっていうから、お茶を飲みながら、気づいたら4時間たってました(笑い)。久しぶりに話をして、本当に真面目な人なんだなって思いましたね。物事に真摯に向き合い、やるからには神経の全てを注いでやってるところは共感するところもあり、好感ももてました。10年続けていくってことがぼくにはないから。純粋にそこがすごいなって。殺陣にしろ演出にしろ10年の中で磨かれてきたことがDVDを見てわかったし。11年目に少しでも花を添えられるならいいかな…と思ったんです」

 ひと肌脱ぐ決意をしたものの不安はつきない。

「和太鼓、殺陣、日本舞踊、ダンスなどやることがいっぱいあるので、本番に間に合うように日々稽古に励んでいます。こなしている…っていう姿勢は好きじゃないから。なんでも自分の中に一度落とし込んで表現したいって気持ちがあります。限られた稽古時間の中でいい作品を作るために日々挑戦しています。そんな簡単なものではありませんが、ぼくは歌舞伎も好きだし、小さいころから芸事を一生懸命やってきている人たちを尊敬しています。そんなかたがたに敬意を払ったうえで演じたいんですよね」

 滝沢に対する敬意も忘れない。

「ぼくはカンパニーの1人として参加するので、滝沢が困っていたら助言はしますが、彼の看板舞台なので本人のやりたいことをやればいいと思っています。でも、意見というのはいくつもあったほうがいいと思うし、意見をぶつけあって最終的に良いものができたらいいと思うので、出し惜しみせず発言をしようと。最終的に滝沢のやりたいことをやってほしい」

 期間限定ユニット『健&タッキー』が舞台上でどんな化学反応を起こすのか、楽しみだ。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る
11年目突入の滝沢歌舞伎出演のJr.4人が意気込み語る
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP