ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKE48の新作『チキンLINE』は初週31.2万枚でビルボード首位、自己最高位のNegiccoや小林豊、M!LKらがTOP5入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫
SKE48の新作『チキンLINE』は初週31.2万枚でビルボード首位、自己最高位のNegiccoや小林豊、M!LKらがTOP5入り

 4月11日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”は、SKE48のニューシングル『チキンLINE』が初週に約31.2万枚のセールスを記録。2位以下に大差をつける圧倒的な数字で初登場1位に輝いた。

 昨年冬にはチームから生まれた新ユニット ラブ・クレッシェンド『コップの中の木漏れ日』のリリースがあったものの、SKE48としては同年夏に発表した『前のめり』以来の新作となったこの『チキンLINE』。本チャートでは『コケティッシュ渋滞中』が初登場2位となり、連続首位記録は途絶えてしまったが、今作でもさすがのビッグセールスを叩きだしてチャートの頂点まで達する結果となった。

 また、先週トップだった乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』も引き続き好調なセールスを維持して2位に。そして4位には、にいがた観光特使を務める新潟発アイドルユニット Negiccoの新作『矛盾、はじめました。』がチャートイン。こちらは作詞に土岐麻子、作曲にはさかいゆうと人気ミュージシャンが参加しており、音楽ファンから高く評価されている意欲作で、同チャートでは自身最高位を獲得した。

 女性グループアイドルの活躍が目立つTOP5となったが、3位には小林豊の人気シリーズ第5弾『恋するスイーツレシピ5~君が恋に落ちる一つの方法~』、そして5位にスターダストが手掛ける若手俳優集団 恵比寿学園男子部「EBiDAN(エビダン)」から選ばれた5人組 M!LKの『新学期アラカルト』と、それぞれに健闘を見せているのにも注目だ。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2016年4月11日付)
1位.SKE48『チキンLINE』 31.2万枚
2位.乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』 2.3万枚
3位.小林豊『恋するスイーツレシピ5~君が恋に落ちる一つの方法~』 2.1万枚
4位.Negicco『矛盾、はじめました。』 1.9万枚
5位.M!LK『新学期アラカルト』 1.9万枚
※表示枚数は概数となります

関連記事リンク(外部サイト)

SKE48宮澤佐江 最後の劇場公演「アイドルとしてのやるべきことは自分でもうやったと思う」
乃木坂46 新シングルが71万枚セールスで連続首位記録を更新、チャート上位はTPD×GEM×LinQで激戦
【先ヨミ】SKE48、2016年第1弾SGが26万枚を超える圧巻の数字で現在トップ!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。