ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイムリミットは9カ月!? 明日にでもキューバに行くべき5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年7月に、アメリカとの国交が54年ぶりに回復したキューバ。

2016年内にはアメリカ-キューバ間の定期便の再開も決定。そして3月20日にはアメリカ・オバマ大統領の歴史的なキューバ訪問と、急速にアメリカとの関係が改善しています。

 

アメリカとの関係改善が進むと、半世紀に渡って入ってこなかったアメリカ文化がキューバに入ってきて、急速に近代化が進みます。つまり、今のキューバの姿は近い将来必ず見られなくなります!

だからこそ、明日にでもキューバに行くべき5つの理由を紹介します!

 

1.未だに近代化していない!街自体が世界遺産!

photo by リーマントラベラー東松

キューバは、未だに昔から変わらない光景が広がっています。1950年代にアメリカから輸入されたレトロなクラシックカーが今も街を走り、人々は昔と変わらない生活を今も続けています。

photo by リーマントラベラー東松

首都ハバナの中心・オールドハバナは、街全体が1982年にユネスコ世界遺産にも登録されました。

 

2.人々が優しい!そのため、治安も良い!

photo by リーマントラベラー東松

キューバって聞いただけで、治安が悪そうなイメージを持つ方もいるかと思います。ですが、そんなことは全くありません!

キューバはアジア以外の国で唯一の社会主義国家。社会主義ゆえ、人々には助け合いの精神が根付いています。そのため、みんなとても親切で治安も良いです!

道を尋ねると行き先まで付いてきてくれたり、街を歩いているとお酒をご馳走してくれたりします。

 

3.街に広告が無い!

photo by リーマントラベラー東松

今の時代、世界のどこの国に行っても街には広告が溢れています。

それがキューバだけは違うんです!

社会主義国家ということもあり、街に広告がほとんどありません。街は昔ながらの景色をそのまま保っているのです。そんな景色が見られるのも、キューバならではです。

 

4.世界のどこにでもあるものが無い!

photo by リーマントラベラー東松

今では世界のどこに行ってもある、マクドナルドやコカ・コーラ、スターバックス。しかし、キューバはアメリカと国交を約半世紀断絶していたことから、アメリカ企業のモノや文化が入ってきていません。

そう、マクドナルドやコカ・コーラ、スターバックスなどアメリカ企業のモノが全く無いのです!そんな景色も、キューバでしか見られません。

 

5.そんなキューバがあと少しで変わってしまう!

photo by リーマントラベラー東松

そんな素敵なキューバの景色が、もう見られなくなろうとしています。

アメリカとの国交正常化により、アメリカから人・モノ・文化が入ってくるようになり、キューバの「アメリカ化」が始まっています。そうなると、一気に近代化が始まり、今の景色を楽しめるのも時間の問題だと思います。

 

だからこそ明日にでも行って欲しい国・キューバ!

今のキューバを見られるのは、本当に今しかありません!行くなら今しかない国・キューバ!今年の夏休みがラストチャンスかも!?

キューバに行ってみたいと思っていた人は、今年中に行くことを真剣に検討してみてください!

リーマントラベラー東松(とうまつ)さん(@ryman_traveler)が投稿した写真 – 2016 4月 1 9:00午後 PDT

関連記事リンク(外部サイト)

「古き良き日本」を再発見する旅に出ませんか?風情を感じられる観光地5選
豪華絢爛!中部地方のお祭り・イベント7選
【数奇な運命をたどる】フランスの要塞フォール・ボワヤール
【日本の建築文化の象徴】最古の木造建築の世界遺産「法隆寺」を巡る

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP