ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小室哲哉「earth」BiSHに楽曲提供 松隈ケンタがプロデュース「思い切り好きなように仕上げてもらいました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
小室哲哉「earth」BiSHに楽曲提供 松隈ケンタがプロデュース「思い切り好きなように仕上げてもらいました」

 先日SOLD OUTした品川ステラボール公演を大盛況のうちに終え、さらなる勢いに乗る楽器を待たないパンクバンドBiSHが、5月4日発売のメジャーデビューシングルの全貌を明らかにした。

BiSH『DEADMAN』写真一覧

 品川ステラボール公演で初披露された表題曲の「DEADMAN」は、松隈ケンタ作曲のナンバーになっており、もう一曲収録される「earth」は小室哲哉が楽曲提供、松隈ケンタが編曲&プロデュースを手がけている。

 また、Live盤には1月19日に行われた【IDOL is SHiT@リキッドルーム】の全23曲、約2時間を収録したDVDが付属。BiSHとして初となるLIVE映像作品となる。Live盤の初回盤はデジパック仕様となり、【Eden of Sorrow TOUR】に密着した、約100点にのぼる写真を収めた全36ページのスペシャルフォトブックも同封した豪華仕様。手に入れたい人は早めに予約してほしい。

 ジャケットも3パターンとも公開され、広告・ファッション業界などで活躍するグラフィックアーティスト/アートディレクターのYOSHIROTTENが手がけている。

 また、BiSH公式LINEアカウントがスタート。今後、最新情報が発信される。

◎小室哲哉コメント
今回はアレンジも歌詞も完全にお任せして、
思い切り好きなように仕上げてもらいました。
多くの方に届き、喜んでもらえたら、僕も嬉しいです。

小室哲哉

関連記事リンク(外部サイト)

BiSH 渡辺淳之介MGが今後のヴィジョンやメンバーへの本音語る ステラボールで示した“本気でドームを目指す覚悟”
BiSH 24時間イベント開催決定“楽器を持たないパンクバンド”新ビジュアル公開
NHK『J-MELO』新テーマ曲に つんく♂、小室哲哉、May J.ら強力タッグ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。