ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時空を駆けるアニソンシンガーELISA ワンマンライブ開催発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月23日にアニメソングのカバー曲を収録した初のカバーアルバム『ANICHRO』をリリースしたELISA。6月25日に代官山LOOPでワンマンライブ【ELISA Live 2016“ANICRO”】を開催することが発表された。

ELISA キュートな写真一覧

 現在、ELISAは『ANICHRO』のリリースイベントを開催中。今イベントでは、「ミニライブ+私物サイン会」or「2shot撮影会」という形で実施。中でも「2shot撮影会」は、「笑顔の練習をしなきゃ」と茶目っ気混じりで語っていたように、ELISA自身も新鮮に感じているようだ。

 他にも、誕生日当日となる4月14日には、六本木クラップスで【ELISA BIRTHDAY PARTY 414“2nd”】を開催。この日はディナーを味わいながら、トークイベントやゲームなど、ファン参加型のパーティ形式で行われる。また、普段のライブでは披露することの少ないレアな歌たちも用意しているということだ。気になる方は足を運んでほしい。

 さらに、6月25日には代官山LOOPでワンマンライブ【ELISA Live 2016“ANICRO”】を開催することも発表になった。こちらでは『ANICHRO』に収録した全曲を披露。最近では、【E’tone♪】と題したアコースティックなスタイルによるライブシリーズも定期的に開催。どんな演奏スタイルで歌を届けてくれるのかも楽しみだが、なにより直接ELISAと触れ合いながら、時空を行き来した歌の時間旅行を大いに楽しんでほしい。

◎アルバム『ANICHRO』
2016/03/23 RELEASE
[初回生産限定盤A(CD+BD)] SECL1865-6 1,852円+税
「ELISAオリジナル・メッセージカードA」封入
[初回生産限定盤B(CD+DVD)] SECL1867-8 1,667円+税
「ELISAオリジナル・メッセージカードB」封入
[通常盤] SECL-1869 1,389円+税
初回仕様特典:「ELISAオリジナル・メッセージカードC」封入
<収録曲>
01.君をのせて(『天空の城ラピュタ』挿入歌)
作詞:宮崎 駿 作曲:久石 譲 編曲:大久保薫
02.プラチナ(『カードキャプターさくら』オープニングテーマ)
作詞:岩里祐穂 作曲:菅野よう子 編曲:前口 渉
03.秘密基地(『交響詩篇エウレカセブン』エンディングテーマ)
作詞・作曲:高田梢枝 編曲:前口 渉
04.ジョジョ~その血の運命さだめ~(『ジョジョの奇妙な冒険』オープニングテーマ)
作詞:藤林聖子 作曲:田中公平 編曲:Mish-Mosh
<DVD/Blu-ray収録内容> ※初回生産限定盤のみ
01.君をのせて Music Video
02.The Making of“君をのせて Music Video”

◎【ELISA BIRTHDAY PARTY 414 “2nd”】
4月14日(木)六本木クラップス
OPEN 19:00 / START 20:00
料金:8,000円(税込)
※お食事と1ドリンクを含みます
※整理番号付・全席着席
※4歳以上有料・4歳未満入場不可

◎【ELISA Live 2016“ANICHRO”】
6月25日(土)代官山LOOP
開場 17:30 / 開演 18:00
チケット:4,000円(税込・ドリンク代別途)
※整理番号付・オールスタンディング
※4歳以上有料・4歳未満入場不可

◎『ANICHRO』リリースイベント
・2016年4月9日(土)13:00~ 愛知・第3太閤ビル
即売開始&入場開始時間:12:00~
内容:2shot撮影会
対象店舗:アニメイト名古屋
・2016年4月9日(土)17:30~ 大阪・アニメイト天王寺
即売開始&入場開始時間:16:30~
内容:2shot撮影会
対象店舗:アニメイト天王寺
・2016年4月10日(日)14:00~ 大阪・イオンモール鶴見緑地
内容:ミニライブ+私物サイン会
対象店舗:銀座山野楽器 イオンモール鶴見緑地店

関連記事リンク(外部サイト)

宇宙観漂う過去の名作! ELISA ラピュタ、ジョジョなどの歴代有名アニソンをカバー
2000年代のアニソンを聴き直せ! コンピCD『アニソンLOVE!』2タイトルが本日同時発売
鈴木このみ ZAQ ChouChoら出演【animeloLIVE! presentsアニソンCLUB! VOL.01】5月1日開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP