ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』OPテーマ曲 あのバイオリンは……23歳のイケメン・三浦文彰!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』。話題になっているのは本編や舞台だけでなく、オープニングテーマのバイオリンソロにも注目が集まっていた。その演奏者が、三浦文彰(みうらふみあき)という23歳の若きバイオリニストだ。

23歳のイケメン・バイオリニスト三浦文彰

 「あの素敵なバイオリン奏者は誰?」「素敵すぎて一体誰が弾いているの?」など、気になる存在として一人のバイオリニストが話題になっていた。テーマ曲を手掛けているのは、数々のドラマや映画音楽を手がけている作曲家の服部隆之。その中で、オープニングからひときわ印象的で際立ったバイオリンを弾いてるのは、実は23歳のイケメンで世界的なバイオリン奏者、三浦文彰だった。

 その新進気鋭のバイオリニスト三浦文彰は、2009年に難関コンクールのひとつであるハノーファー国際コンクールを、史上最年少の若干16歳で制覇した逸材。『真田丸』効果もあってか、5月に行われる自身のソロ・リサイタルは、東京2公演が既に完売している。

◎三浦文彰(みうらふみあき)
2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。東京都出身。国内主要オーケストラはもとより、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演し、国際的な活動を展開している。
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽のバイオリン・ソロを演奏している。
2009年度第20回出光音楽賞受賞。
・オフィシャルHP:http://avex.jp/fumiaki-miura/

関連記事リンク(外部サイト)

日本初のポップス・ロック×オーケストラ公演音楽祭【billboard classics festival 2016】がいよいよ幕開け ~玉置浩二、小林武史他総勢12名の豪華ソリストが出演~
「ビルボード・クラシックス・フェスティバル」にさらなる多彩なスペシャルゲストが決定!
美人バイオリニスト Ayasa ソロ活動から早くも3回目となるソロライブも大盛況で終了 初音ミクのカバー曲や『蒼空のリベラシオン』BGMなども披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP