ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷村新司、Kalafinaをゲストに迎えた国立劇場リサイタル「THE SINGER 2016」の開催迫る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

谷村新司が国立劇場 大劇場にて開催するリサイタル「THE SINGER 2016」の開催が4月8日(金)・9日(土)・10日(日)に迫った。

『普段は文楽や歌舞伎といった古典音楽、古典芸能しかやっていなくて、花道がちゃんとあるんです。そういうところで「谷村さんだったら」と言ってくださって、ライヴをやらせていただいて、本当にありがたいです。(「スパイス」インタビューより)』と谷村が話す通り、本来は日本の伝統芸能の聖地である国立劇場だが、彼はポップアーティストとして唯一そのステージで歌うことを許されている存在だ。

谷村にとって国立劇場でのリサイタルは今年で5回目。『THE SINGER』というタイトルは、ジャンルにとらわれず、この3日間は“歌うたい”に徹してやります。ソングライターでもあるのですが、この時は色々な歌を、シンガーとしてお観せする、お聴かせするということに徹します。(「スパイス」インタビューより)』とのことで、シンガー・谷村新司のステージに期待が高まる。

また、自身がホスト役を務める音楽ドキュメンタリー番組『地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~』(BS日テレ)では、毎回ゲストとのコラボ―レーションで「ドリームソング」を披露している谷村。同番組の新テーマソング「アルシラの星」はKalafinaとの世代を超えたドリームソングだ。Kalafinaと共演を果たした際、谷村は彼女たちが音楽活動を海外でも挑戦している姿に共感し、今回のコラボが実現。シングル「アルシラの星」は3月にリリースした。

今回のリサイタルでは、そんなKalafinaがゲストとして登場することも決定している。谷村のファンはもちろん、Kalafinaや番組のファンにも彼らの共演を楽しみにしていてほしい。

【谷村新司 コメント】
「今回はこの「アルシラの星」でKalafinaとの世代を超えたドリームソングが実現し、番組『地球劇場~』で、毎回素晴らしいアーティスト達とのドリームソングをやることができたので、次はファンのみなさんがドリームソングと思えるような歌を、みんなの声を実現させていき、夢を叶えていきたい。来年の45周年にそういうものの集大成を出せるといいなと思っています。今年やっていることは来年につながることなので、来年になったら、あ、なるほど、だから今年はこれをこうしてたんだねと、全て分かるようになっています。なのでスタッフも含めて、ファンの人たちもそういうつもりでイヴ・イヤーから参加して欲しいです。」(「スパイス」インタビューより)

『谷村新司リサイタル2016「THE SINGER」』
4月08日(金) 国立劇場 大劇場

開場18:30 / 開演19:00

4月09日(土) 国立劇場 大劇場

開場14:30 / 開演15:00

4月10日(日) 国立劇場 大劇場

開場14:30/開演15:00

<チケット>

料金:全席指定¥10,800(税込)

※未就学児童入場不可

■お問い合わせ

キョードー東京:0570-550-799

(平日11:00〜18:00 / 土日祝10:00〜18:00)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP