体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡眠時無呼吸症候群ってどうやって治すの? 「マウスピース治療」について聞いてみた

睡眠時無呼吸症候群ってどうやって治すの? 「マウスピース治療」について聞いてみた
睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれない…そんなときは、睡眠時の「マウスピース」の装着が一般的なSASの治療法のひとつとされています。それはどんな治療法? 逆に眠りづらくないの? マウスピースによる治療や、SASの改善対策について、睡眠歯科医師の片平治人先生にうかがいました!

マウスピース治療、気になるお値段は…

睡眠中、重力の影響で口が開いて舌がのどの奥へ落ち、気道が塞がれてしまうことが一因であるSAS。マウスピースを使うことで、SAS改善に以下のような作用があるそう。

<マウスピースの作用>

① 口を閉じた状態にすることで、開口による気道(呼吸する時の空気の通り道)の狭まりを防ぎ、鼻呼吸を促進する

② 下あごを前方に移動させて、下あごに付いている舌を前に引っ張り、口の奥の気道を開く

③ 舌が前方に移動することで、舌と筋肉でつながっている軟口蓋(のどちんこ)が前方に移動するため、引っ張られることで鼻の奥の気道が開く

④ 以上から、下顎→舌→軟口蓋に順に連動することで気道が開いて呼吸が楽になる

では、実際治療に用いるマウスピースとはどんなものなのでしょうか? 例として、片平歯科クリニックで導入されているものを教えていただきました。片平歯科クリニックで扱うタイプは2種。保険適用のものと、適用外のものがありますが、いずれも医科の睡眠クリニックでSASの検査を行い、マウスピース治療が適応と診断された場合にのみ導入が可能です

<マウスピースの種類>

【保険適用のマウスピース】

・費用:約1万円(診療費・検査費別)。

・特徴:上下固定式(上下がくっついたタイプ)で、口が開かない。

news_160106_560_2

【保険適用外のマウスピース】

・費用:約15万円(診療費・検査費別)。

・特徴:上下分離式(上下が開くタイプ)で顎を動かすことができる。

news_160106_560_3

マウスピースを見ると「これを装着して眠れるの?」と思ってしまいますが、入眠までの違和感にはほとんどの人が慣れるのだそう。睡眠中の呼吸が格段に楽になるため、「つけないと安心して眠れない」という人もいるとか。ただし知っておきたいのが、マウスピース治療は対症療法であり、根本治療ではないということです。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会