ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽々食べられる「桔梗信玄餅クレープ」を求めて新宿御苑へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

山梨の代表銘菓と言えば、言わずと知れた桔梗屋の「桔梗信玄餅」。誰しも一度は口にしたことがあるでしょう。こぢんまりとしたフォルムに詰め込まれたボリューミーな餅に黒蜜を垂らし、きな粉まみれになりながら口いっぱい頬張るあれです。

北海道銘菓である六花亭の「レーズンバターサンド」と並んで大好物なのですが、いかんせん桔梗信玄餅は食べる時と場所を選ぶから悩ましい。どんなに上品に食べようとも、辺りにきな粉が飛び散るし、手は黒蜜でベタベタします。あれは職場のお土産でもらったからといって、デスクの上で食べてはいけません。家に持ち帰って、1人至福の時を味わうのが一番です。

そんな桔梗信玄餅が、なんとクレープになって販売しているという。餅もきな粉も黒蜜も全部が1つになって薄皮に包まれているのであれば、なんと食べやすいことでしょうう! 早速ネットで調べると、サービスエリアやパーキングエリア、オンラインショップで購入可能とのことだが……もっと購入しやすい手段はないのかと検索していると、新宿御苑の売店で買えるという。

レッツら新宿御苑!

ということで、ピクニックがてら、桔梗信玄餅クレープを食べに新宿御苑に行ってきました。今回は筆者が体を張って初顔出しで挑みます。

新宿御苑マップで購入可能場所を確認!

園内にはいくつか休憩所があり、そこに併設して売店があるようです。写真の赤丸印のついたところがそれです。かなり広大な敷地なので、事前にどの売店で購入するか決めてから歩き回ると効率的。と、かなり歩き回った後に気がつきました。『メシ通』読者の皆さんは、ぜひこの写真を参考にしてください。

売店を発見!

売店には「桔梗信玄餅クレープ」という紫色の旗があり、絶賛売り出し中だということがわかります。早速購入。

ここで初めて気がついたのですが、「桔梗信玄餅クレープ」は原宿・竹下通りのマリオンクレープのような扇状のものではなく、細長い春巻き状で、しかも冷凍クレープだったのです。もはやクレープではなくて、アイス……? ボリューム的には「あんずバー」をひと回り大きくした程度の小ぶりなもので、1つ270円とやや割高感が否めません。

だがしかし、晴天に恵まれ絶好のピクニック日和の今日、こいつを3時のおやつとしてお迎えできて何より。きな粉まみれになることも黒蜜で汚れることも気にせず、なんなら片手でひょいと食べられるお手軽感は画期的と言えます。

大きさの比較としてはこんな感じ。余談だが、晴天過ぎて目に日が刺さり死ぬかと思った命がけの一枚です。

包装をむくと、ひょろながいクレープの登場です。冷凍庫から出して5分ほど置いたら食べごろだそうです。確かにこのままだと硬そう。

5分経過したので、いざ実食!

ぱくっ。

……美味~~!

……ん?

でもこれ、もはや桔梗信玄餅とは別物な気がしてきました。桔梗信玄餅を食べているというよりかは、和風クレープを食べている感が強いのです。

断面図。中に餅とホイップ、黒蜜、きな粉が入っているのがおわかりいただけるでしょうか。たくさんのホイップと、クレープと同じ長さの長い餅が入っています。

黒蜜とホイップの甘みが全面的にきます。皮は薄すぎず厚すぎずちょうどいいのですが、食感は冷凍のせいかあまり柔らかくない……。うーん、ちょっと思ったものと違ったかも。桔梗信玄餅感は抑えめでありますが、これはこれでおいしい。

まあ何にせよ、片手で汚さずに食べられるのはうれしい。こんな風に陽だまりの中、ぼーっとしながら桔梗信玄餅を食べることなんて、今まで出来なかったのだから。通常の桔梗信玄餅を食べるときに流れる緊張感は、ここには存在しません。

もぐもぐ。

晴天過ぎてもう目が限界だったので、そそくさと完食。ごちそうさまでした。

スーパーやコンビニではなかなかお目にかかれない「桔梗信玄餅クレープ」、新宿御苑の花々や紅葉など美しい景観を見がてら、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

基本情報

新宿御苑

住所:新宿区内藤町11

電話番号:03-3350-0151(新宿御苑サービスセンター)

開園時間:9:00~16:00 (16:30閉園)

休園日:月曜休(祝日の場合は翌平日)年末年始(12/29~1/3)

特別開園:春:3/25~4/24 、秋:11/1~11/15 は休まず開園

*禁止事項:酒類持込禁止、遊具類使用禁止

ホームページ:http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/


書いた人:

藤田佳奈美

セーラームーン世代。幸せに満ち足りた時よりも、おセンチだと筆が進むタイプ。未婦人の頃から「婦人公論」が愛読書。蕎麦に熱燗の組み合わせと、台所で料理しながら飲む麦酒が好き。かわいい系のアルコールって肴に合わないよね?

関連記事リンク(外部サイト)

新宿駅改札徒歩15秒にある奇跡のカフェ。嗚呼「ベルク」を知らない人生なんて!
ドライグリーンカレーが絶品!「新宿ドゥースラー」はフードも音楽もめっちゃベースが効いてるぞ!
盛り上がるコト必至。高級! 黒毛和牛のお取り寄せして、しゃぶしゃぶ&すき焼きパーティー‼

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP