ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそ松さん 原作と別物だが爆発的ギャグは赤塚イズムと通底

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『おそ松くん』といえば、『週刊少年サンデー』で連載された名作ギャグ漫画。年配の読者にとっては少年時代の懐かしい思い出だろう。主人公の六つ子(松野兄弟)と、主役よりも個性的な「イヤミ」「チビ太」「デカパン」といった“脇役”が織りなすドタバタ劇に、腹を抱えて笑ったものだ。

 その「往年の名作」が、なぜか今の世で若者たちにウケているというから不思議なものだ。赤塚不二夫生誕80周年記念のテレビアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)が大ブームなのである。

 3月28日放送の最終回は、視聴率1%取れれば大ヒットといわれる深夜1時台で3%を記録。『おそ松さん』を表紙にした雑誌は軒並み完売となっているという。一体なぜそれほど人気になったのか? 第1の理由は「赤塚原作を凌ぐハチャメチャ展開」だ。

「大人、しかもニートになった松野兄弟が主人公」という設定なのだが、原作を脱線しまくり。その内容は第1回放送からぶっ飛んでいた。

『進撃の巨人』など人気アニメのパロディを延々繰り広げた後で、六つ子のひとりが「赤塚先生怒ってないかな?」とポツリ。すると別のひとりが「平気だよ、だいぶ前に死んじゃったから」と言い放ったのだ。

 ある回は「ブラック企業でアルバイトをする話」だったり、危ないネタが満載だ。最終回では、いきなり宇宙人との野球対決が始まり視聴者の度肝を抜いた。

 さらに「六つ子のキャラが個性的に描かれている」ことも大きな違い。たとえば長男・おそ松はおおざっぱなギャンブル狂、次男・カラ松はナルシスト、五男・十四松は何をしでかすか分からない問題児だ。性格の異なる兄弟間の掛け合いがなんとも魅力的なのだ。

「赤塚原作とはまったくの別物でありながら、既存のアニメの枠組を無視した爆発的ギャグは、赤塚イズムと通底している。そのアナーキーさが今の若者たちに受け入れられているのではないか」(アニメ雑誌編集者)

 あまりの人気ぶりに、第2クールの終了直後から早くも続編の噂が絶えない。名作は時代を超えて生き続ける。

※週刊ポスト2016年4月15日号

【関連記事】
『けいおん!』大ヒット アニソンの次は「キャラソン」か
島耕作の妻役で声優に挑戦の壇蜜「小2で読んだ。刺激的」
“天才バカボン”歌うフランス人女性歌手は日本のアニオタ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP