ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞い散る桜と春いわしが織りなす一風変わったお花見体験!京都水族館のインタラクティブアートで春を満喫♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫


京都水族館にて、昨年12月から冬季限定で開催された「雪とくらげ」に続き、季節を楽しむインタラクティブアート第2弾「桜といわし」が、6月30日(木)まで大水槽前に登場する。

空間の入り口に入ると、まるで空中を泳いでいるようないわしたちに出迎えられる。一斉に進行方向に泳ぎだす春いわしの群れは、その先に広がるアートなお花見空間への水先案内人だ。まるで水中を進むような不思議な感覚に、わくわく感がとまらない!

のれんをくぐると、頭上を取り囲む満開の桜が現れる。インタラクティブ映像と照明によって繰り広げられる幻想的な空間で、煌びやかな京都の春景色を楽しみたい。


キラキラと輝きながら舞い踊る桜と春いわしのコラボレーションは、さらに大水槽のいわしたちともシンクロして、一風変わったお花見体験が味わえる。

この季節だけの絢爛豪華な京都水族館へ、春の風とともにおでかけしてみては?

「桜といわし」公式サイト
http://www.kyoto-aquarium.com/wp/iwashi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP