ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手間暇かけて作られた鶏料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月1日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、迷っても行きたい分かりづらい繁盛店を特集。リポーターの坂田陽子さんが「観音坂・鳥幸」(東京都渋谷区)を訪れた。

恵比寿駅から徒歩4分の位置にある入り口が小さな鶏料理店の同店は焼き鳥の種類や客の好みに合わせてソムリエがワインを選んでくれる。同店の焼き鳥のタレは4種類あり、鶏の部位の味や特徴によって使い分けをしている。
坂田陽子さんは歯ごたえがしっかりとして味が濃厚な甲斐路軍鶏を生じょうゆに近いタレで仕上げた焼き鳥の「かしわ」(313円/税込)を食べ「んー、かなり弾力があるんですよ、プリップリッ」「まろやかでやわらかなお醤油のそのうま味とお肉自体のうま味、鶏の脂の甘さがね、かみしめる度にジュワーっと出てきますね」とコメント。次に甘みのある濃厚なタレに漬けてレアに焼き上げた「特上レバー」(410円/税込)を食べた坂田陽子さんは「うふっ、ほぉー」「歯が当たって表面がプチっと弾けたかと思うと舌の上でトロ~っと蕩けるようにやわらかく、またこのタレですよね」「レバーの独特な味わいを損なうことなく、しかもサラッとしてるんですよ」とコメント。そして続けて1羽から2個しか取れない希少部位を使用した「ソリレース」(777円/税込)を食べた坂田陽子さんは「ぐっとしまっているんだけど、噛む度にフワーっと筋肉がほどけてやわらかさとうま味に変わっていく感じですね」とコメントした。最後の締めの一品として運ばれてきた「八ヶ岳玉子の親子丼」(1155円/税込)の卵の黄身を見た坂田陽子さんは「うわっ!うぉー!えっ!色味が濃い!!」と声を上げた。「スプーンを入れてもすぐ崩れないぐらいなんかプリッとしてますね、弾力がある卵に!」と言い、乗せられている卵の黄身を崩しながら一口食べ「舌にまとわりつくようなぐらい濃厚なんですよね、ぐっと感じるその卵のうま味・甘みと甘めの割り下とのバランスが最高です」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:観音坂 鳥幸 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:恵比寿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:恵比寿×和食のお店一覧
秘伝のタレで焼き上げた鰻がたまらない!熱々の「せいろ蒸し」
登録有形文化財のお店で楽しめる串揚げ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP