体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐藤オオキ、タイのショッピングモールの大リニューアルを手がけるも「大丈夫かな?」

J–WAVE日曜夜の番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。4月3日のオンエアでは、ナビゲーターで、デザインオフィス「nendo」の代表、佐藤オオキが台北とバンコクに出張した時の模様を紹介しました。

台北では、到着してさっそく佐藤自身が8月から開催する予定の個展会場へ行く予定でしたが、なんとアシスタントがスーツケースを紛失! 海外ではよくあることとはいえ、着替えの洋服を買いに行かなければならず困惑気味。気を取り直して、会場となる台湾デザインセンターへ向かいました。

台湾デザインセンターの建物は、1937年に建てられた元「タバコ工場」。工場といっても、体育館のような建物ではなく、中庭もあって大学のキャンパスのよう。おしゃれなカフェやショップ、デザインミュージアムなどがある一方で、木枠の窓があるなど懐かしい気持ちにさせてくれます。

続いてタイへ移動し、訪問したのはバンコクに建設中のショッピングモール「サイアムディスカバリー」。佐藤はこのショッピングモール全体のリノベーションを担当しています。リノベーションといっても、柱を残してほとんど全ての部分を新しく建て直すとのこと。いっそのこと、すべて建て替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。

最上階には、日本でもおなじみのロフトが入ります。タイの皆さんは日本のカルチャーが大好きで、なかでもロフトは大人気なんだそうです。

タイで好まれるデザインは、赤や黄色、さらには光りものといった元気が出るようなデザインで、そのあたりは北欧と異なるといいます。佐藤が手がけた「サイアムディスカバリー」の外装のデザインも、完成すれば非常に目立つ外観になるとのこと。

今回の出張では、ライティングデザイナーとの打ち合わせもありました。吹き抜けも店の奥まで長くなる予定。ただし、リニューアルオープンは5月19日なのに、完成にはほど遠い状況……。「果たして予定通りに完成するのか?」と心配ですが、今後に注目です!

【関連サイト】

「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。